小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の トピックス の中の 健康・福祉 の中の ヒブ、小児用肺炎球菌、子宮頸がん予防ワクチンが定期接種へ

更新日:2013年4月1日

作成部署:健康福祉部 健康推進課

 任意予防接種として接種費用の一部助成を実施していたヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン及び子宮頸がん予防ワクチンが、予防接種法の改正に伴い平成25年4月1日からHib感染症予防接種、小児の肺炎球菌感染症予防接種、ヒトパピローマウイルス感染症予防接種として、定期の予防接種となりました。


Hib感染症予防接種、小児の肺炎球菌感染症予防接種

●対象

 市内に在住する生後2か月から5歳未満のお子さん

●費用

 無料

●接種回数

 接種開始時期による。詳しくは下表「接種スケジュール」のとおり。

※接種には専用の予診票が必要です。 予診票は平成23年4月1日から平成25年1月31日生まれで小平市で任意予防接種のヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンの接種記録が確認できないお子さんを対象に4月下旬までに送付する予定です。以降、生後2か月目の月に送付します。それ以外の対象年齢のお子さんで接種が必要な方、お急ぎの方は、母子健康手帳を用意し問合せ先へ持参してください。(電話可)

接種スケジュール

Hib感染症(旧ヒブワクチン) 小児の肺炎球菌(旧小児用肺炎球菌ワクチン
接種開始が生後
2か月~7か月未満

■計4回接種
初回接種:4~8週間(医師が必要と認めた場合は3週間)の間隔で3回接種
追加接種:3回目の接種後7か月~13か月の間に1回接種
■計4回接種
初回接種:いずれも27日間以上の間隔をあけて3回接種
追加接種:生後12~15か月で1回接種
(3回目の接種から60日間以上の間隔をあける)

接種開始が生後
7か月~1歳未満

■計3回接種
初回接種:4~8週間(医師が必要と認めた場合は3週間)の間隔で2回接種
追加接種:2回目の接種後7か月~13か月の間に1回接種
■計3回接種
初回接種:27日間以上の間隔をあけて2回接種
追加接種:生後12か月を過ぎてから1回接種
(2回目の接種から60日間以上の間隔をあける)

接種開始が生後
1歳~5歳未満

1回接種 <接種開始が1歳以上2歳未満>
60日間以上の間隔をあけて計2回接種


<接種開始が2歳以上5歳未満>
1回接種

ヒトパピローマウイルス感染症予防接種

●対象

 市内在住の小学6年生~高校1年生相当の年齢の女子(標準的な接種対象年齢は中学1年生相当の年齢)

●費用

 無料

●接種回数

 3回

●接種間隔

 1回目接種後1か月後または2か月後に2回目を接種、1回目接種後6か月後に3回目を接種

※接種には専用の予診票が必要です。 予診票は中学1年生の女子には、4月上旬に送付する予定です。中学2年生~高校1年生相当の年齢で小平市で任意予防接種の子宮頸がん予防ワクチンの接種記録が確認できない女子を対象に4月下旬までに送付する予定です。

小学6年生の女子で接種が必要な方、お急ぎの方は母子健康手帳を用意し問合せ先へ持参してください。(電話可)

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-0043 小平市学園東町1-19-12 健康センター1階
健康推進課予防担当・保健指導担当
電話:042-346-3700・3701
Fax:042-346-3705

このページの先頭へ