トップ > よくある質問 > くらし・手続き・税 > 交通・道路 > 駐車禁止の対象除外になる制度とは、どんな制度でしょうか?

駐車禁止の対象除外になる制度とは、どんな制度でしょうか?

更新日: 2007年(平成19年)10月3日  作成部署:健康福祉部 障がい者支援課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

質問

 駐車禁止の規制のある場所に駐車することがありますが、駐車禁止の対象除外になる制度があると聞きましたがどんな制度でしょうか?

回答

 身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方で、障害者の区分・級別・条件に該当する方が、自分が運転する場合や、家族などの介護者が運転する車に同乗している場合に、警察署から交付を受けた「駐車禁止等除外標章」を車の前面に外から分かるように提示していれば、駐車禁止規制の除外が受けられます。対象除外を受けていても駐車できない場所もあります。

 手続きは居住地の警察署への申請となります。なお、平成19年8月1日から駐車禁止規制からの除外措置の一部が変更となっております。詳しくは警察署でご確認ください。

お問合せ先

小平警察署交通課
電話:042-341-0110

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る