トップ > よくある質問 > ごみ・環境 > ごみと資源の出し方 > ごみをカラスに荒らされて困っています

ごみをカラスに荒らされて困っています

更新日: 2007年(平成19年)10月30日  作成部署:環境部 資源循環課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

質問

ごみをカラスに荒らされて困っています。何かよい方法はありませんか?

回答

カラスは視覚に優れていて、遠くからでも生ごみを見つけてしまいます。そこで、生ごみを袋の奥の方に入れたり、生ごみを新聞紙などで包む等、生ごみを見えないようにして出すこと大切です。また、防鳥ネットもうまくご利用いただくと効果があります。市では、防鳥ネットの貸出しを行っておりますので、ぜひご利用ください。

しかし、一番大切なのは、餌となる生ごみを減らすことです。必要以上の食品は買わない、買った食品はきちんと食べるなど、生ごみをできるだけ出さない生活を心がけてください。

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所4階

資源循環課管理担当

電話:042-346-9535

FAX:042-346-9555

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る