トップ > ごみ・環境 > 環境 > 住まい > 雨水浸透ますとは

雨水浸透ますとは

更新日: 2007年(平成19年)10月1日  作成部署:環境部 水と緑と公園課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

雨水浸透ますについて説明します。

市内に降った雨水はどこへ行くの?

 都市化が進み、アスファルトで覆われた地域では、雨水は地中に浸透することができず、下水道に流入してしまいます。このため、地盤沈下、井戸水、河川の枯渇化等が心配されます。

 かつて、田畑や緑地がはたしていた、雨水を地中に浸透させるという役割の回復が必要になっています。

雨水浸透ますってどんなもの?

雨水浸透ますの写真 雨水浸透ますの写真

 内径25~30センチメートル、高さ50センチメートルのコンクリート製で、雨水を地中に浸透しやすくするために穴がたくさんあいています。雨水浸透ますに貯まった雨水は徐々に地中に浸透していきます。

 雨水浸透ますを1基つけると1時間に294リットル(およそお風呂の水の1.5倍)の水を浸透させることができます。

 建築物から30センチメートル以上離れた場所に設置します。

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所4階

水と緑と公園課用水担当

電話:042-346-9831

FAX:042-346-9513

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください