トップ > 健康・福祉 > 健康 > 医療費助成(難病、ぜん息、B・C型ウィルス肝炎治療など) > がん精密検査費の助成

がん精密検査費の助成

更新日: 2018年(平成30年)1月31日  作成部署:健康福祉部 健康推進課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

がん精密検査費の助成

 市で実施する胃がん検診、大腸がん検診、子宮がん検診、乳がん検診、肺がん検診の一次検診を受診して精密検査が必要と診断され、精密検査を受診した場合、その検査に要した費用の一部を助成します。

助成額

精密検査で支払った自己負担額のうち、

4,000円を限度に(4,000円未満の方はその金額を)助成します。

※保険適用分が対象です。

※助成対象にならないもの

 初診時の情報提供料(紹介状)、検査食代、検査後の投薬・処置・手術等の治療及び経過観察による検査、任意の感染症検査、紹介患者加算 等

提出するもの

一次検診受診後、要精密検査となった方に一次検診受診医療機関より必要書類が渡されます。

1 小平市がん精密検査助成金支給申請書

2 請求書(押印)

3 領収書と明細書(コピー不可)

4 がん検診精密検査結果連絡票

5 市の1次検診結果通知書

 5の提出は、市の検診で要精密検査になったことを確認するためです。ご提出がないと処理が遅れることがありますので、ご了承ください。

領収書、明細書について

・領収書を確定申告に使用される方は、お早めにご申請ください。(返却まで2か月ほどかかります)

・入院時等の総額のみ記載された領収書の場合、必ず明細書を添付してください。

・領収書を返却希望の方は、のり・テープなどで、申請書に貼りつけないでください。(領収書は、助成金決定通知書に同封してお返しいたします。)

申請場所

小平市健康センター、東部・西部出張所、動く市役所でできます。

申請書の提出を郵送で行う場合は、記入もれ、押印もれ等にご注意の上、下記問合せ先まで送付してください。

申請期限

一次検診受診日から1年以内

その他

・申請できるのは、精密検査受診時に引き続き小平市に住民登録のある方です。


お問合せ先

〒187-0043 
小平市学園東町1-19-12 健康センター1階

健康推進課庶務担当

電話:042-346-9641

FAX:042-346-3705

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください