トップ > 文化・スポーツ・市民活動 > 地域・協働・市民活動 > 地域 > 自治会に加入しませんか

自治会に加入しませんか

更新日: 2018年(平成30年)9月21日  作成部署:地域振興部 市民協働・男女参画推進課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る
自治会に加入しませんか
自治会を結成するには

自治会の目的

 自治会とは、一定の区域を単位として、その地域に住む住民同士が助け合い協力し合って、住みよい地域社会を作っていこうと、その区域の世帯を主体に、事業者などが加わって自主的に組織された団体です。そして、この構成員が負担する会費によって運営され、いろいろな事業や活動が行われています。

自治会の役割(性格)

 自治会は、地域の人々の交流や親睦を図り、地域の相互扶助の理念を具体化するための活動として、盆踊りや運動会、敬老会、新年会などの私的な分野と、その地域内に生ずる生活上の諸問題や防犯灯(外灯)などの身近な環境の整備・管理、あるいは公園や区域内の清掃・美化、防災・防犯活動など行政と協力して対応する公的分野での活動が行われます。

自治会の活動

親睦活動

盆踊り、運動会、文化祭、子ども会活動など

住民同士の交流がないと、不安・不信・緊張・疎遠をもたらしやすいと言われます。これらの行事は、地域住民が互いに知り合うことができ、日常生活を相互の協力によって豊かにしていくことができる意義ある活動です。

環境美化活動

地域の清掃、公園の清掃、啓発活動 など

資源リサイクル活動

資源物の集団回収 など

扶助活動

葬儀時の手伝い、敬老訪問活動 など

社会福祉活動

赤い羽根募金、歳末募金等の募金活動

防犯灯の維持管理

地区内の私道などの防犯灯の設置、維持管理

防犯活動

夜間パトロールや防犯講習会の開催 など

防災活動

防火・防災訓練の実施、火の用心巡回 など

広報活動

自治会報などの回覧・掲示

行政への協力

行政側で作成した公報資料や印刷物等の回覧・掲示

国勢調査員、選挙立会人など、各種行政協力員の推薦

行政が主催する各種懇談会や諸問題に関する公聴会への参画

市の公聴活動に対する協力(アンケート調査など)

市からの助成など

>>自治会ハンドブック(PDF 3.6MB)

>>自治会等事務交付金

>>防犯灯設置費補助

>>防犯灯電気料補助

>>防犯灯維持管理費補助

>>掲示板設置費補助

 

自治会を結成するには

結成を希望するみなさんで話し合ってください

 自治会を結成するためには、地域のみなさんの「意思統一」が必要です。どのような考え方(理念)で、どのような運営や活動をしていくのかを話し合ってみることが大切です。親睦活動が中心ということであっても、「組織」ですから、必ず「会長」や「会計」などの役員も必要です。このような点も含めて話し合いをし、不公平感の出ないような形を模索する必要があります。

会則を作ってください

 自治会も社会的組織のひとつですから、運営上のルールを明文化する必要があります。どのような項目を明記するのかに決まりはありませんが、

[1]自治会名を決める

[2]目的を明確にする

[3]役員の配置を決めて改選手続きを明確にする

[4]会費の徴収と管理に関する事項を明確にする

などの部分はハッキリさせておくべきでしょう。

 会則作りの場面では、理想論を追及しやすい傾向があります。細かいことまで決めてしまうと、かえって自由度を減らしてしまい、自分たちの活動を制約してしまうことがあります。

結成届を市に提出してください

 「結成届」に区域図・会則・会員名簿を添えて、市に提出すると、小平市自治会登録名簿に記載されます。

 自治会は、自主的組織なので必ずしも市に届け出る必要はありませんが、各種の助成制度を受けるためには、登録しておく必要があります。

 

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所1階

市民協働・男女参画推進課コミュニティ担当

電話:042-346-9532

FAX:042-346-9575

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る