トップ > 子ども・教育 > 妊娠がわかったら > 妊娠届を出しましょう(母子健康手帳) > 妊娠した方は(母子健康手帳など)

妊娠した方は(母子健康手帳など)

更新日: 2019年(令和元年)7月1日  作成部署:健康福祉部 健康推進課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

母子健康手帳などの交付、マタニティサポート面談を行っています。

母子健康手帳の交付

妊娠とわかったら「妊娠届」を出しましょう。

「母子健康手帳」「母と子の保健バッグ」をお渡しします。

 

交付場所

交付場所一覧
曜日場所時間
月曜日~金曜日健康センター午前8時30分~午後5時

(マタニティサポート面談の受付は午後4時15分まで)

土曜日市民課(市役所1階)開庁時間午前8時30分~午後0時15分
 (注)祝日、年末年始を除く。
 
  • 健康センターでは、安心して出産・子育てができるよう保健師・助産師による「マタニティサポート面談」を受付時に実施しています。土曜日(祝日・年末年始を除く)は、市民課(市役所1階)で妊娠届および交付の受付を行っていますが、「マタニティサポート面談」は後日予約をとって健康センターで受けることが可能です。
  • 母子健康手帳交付とマタニティサポート面談を同時に受けられる方は、予約の方を優先いたします。電話で予約をおとりください。(予約・問合せ先電話:042-346-3702)
  • マタニティサポート面談は転入された妊婦にも実施しています。 

 

必要書類

妊婦本人が届け出する場合

  • 個人番号通知カード(または個人番号カード)
  • 妊婦の本人確認ができるもの(運転免許証、パスポートなど)

 

代理人が届け出する場合

  • 妊婦本人の個人番号通知カード(または個人番号カード)
  • 委任状(受付窓口にあります。ページ下からダウンロードもできます。)
  • 代理人の本人確認ができるもの(運転免許証、パスポートなど)
  • マタニティサポート面談は妊婦本人との面談です。後日予約をとって健康センターで受けることが可能です。

 

マタニティサポート面談(ゆりかご・こだいら事業)

妊娠期から出産、子育て期にわたる切れ目ない支援を目指して「ゆりかご・こだいら事業」がスタートしました。

この事業の一つとして「マタニティサポート面談」を妊娠届を提出されたすべての妊婦(転入された妊婦も含む)に実施しています。

マタニティサポート面談とは

保健師・助産師がご妊娠された全ての方を対象に、妊娠中のさまざまな疑問や不安などの相談にのり、安心して出産を迎えられるようサポートします。また、必要に応じて利用できる母子保健サービス等のご案内もしています。

令和2年3月31日までに面談が終了された方には、育児パッケージ(こども商品券1万円分)をお渡しします。

(注)育児パッケージ(こども商品券1万円分)の配布は、令和2年3月31日で終了いたします。

面談方法

  • 健康センターで妊娠届を提出された方は、その場で面談(午後4時15分までの受付)を実施します。
  • 健康センターで妊娠届出の際、当日面談ができなかった方や、土曜日市役所窓口で妊娠届出をされた方は、後日健康センターで面談を実施します。事前に電話で予約をおとりください。予約の方優先となりますので、予約がない場合はお待たせすることがあります。

 

面談の予約・問合せ先

電話:042-346-3702

 

面談時間

お一人30分程度

持ち物

  • 母子健康手帳
  • 子育てガイド

 

出産費用にお困りの方は

入院助産制度

経済的な理由などで出産費が用意できない場合には、助産費を援助する入院助産の制度があります。(生活保護世帯、住民税非課税世帯の方)

生活支援課 電話:042-346-9546・9547

 

保健指導票の交付

生活保護世帯、市民税非課税世帯の方には、妊婦、新生児聴覚検査、産婦、乳児(新生児)の健診(保健指導)の一部を公費で受けられる保健指導票を交付します。

  • 妊婦……妊婦健康診査受診票(14回分)を使用後さらに妊婦健康診査が必要な回数分(1回分ずつの交付)
  • 新生児聴覚検査……検査1回分
  • 産婦……産後1か月健診1回分
  • 乳児……1か月健診1回分

対象者

保健指導票の交付を受けられるのは、次のいずれかに該当する世帯の妊産婦・乳児です。

  1. 生活保護法による被保護世帯
  2. 区市町村民税非課税世帯

申請に必要なもの

  • 申請書(受付窓口にあります)
  • 母子健康手帳(産婦健診と乳児健診の場合は、1ページ目の出生届出済証明の手続きが済んだもの)
  • 生活保護受給証明書(生活保護世帯の方)
  • 世帯の成人済みの方全員の市民税非課税証明書(市民税非課税世帯の方)

注意事項

保健指導票を使用できるのは契約医療機関のみです。

申請される場合は、事前に申請窓口にご相談ください。

添付ファイル

お問合せ先

〒187-0043 
小平市学園東町1-19-12 健康センター1階

健康推進課予防担当・保健指導担当

電話:042-346-3700・3701

FAX:042-346-3705

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る