小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の くらしのガイド の中の 防犯・防災・交通 の中の 防災 の中の 住まい の中の ブロック塀等の改善事業に対する補助制度

更新日:2016年4月6日

作成部署:都市開発部 建築担当

ブロック塀等の改善事業

 市では、地震発生時にブロック塀などの倒壊による通行人などへの被害を防止するため、改善事業を行う方に対してその費用の一部を補助しています。

補助対象事業

 次のすべての要件を満たしているものが対象となります。

  • 小平市内の道路に面しているブロック塀、石塀、れんが塀その他これらに類する塀(門柱を含む)
  • 基礎の部分を除き高さが1m以上のものを撤去、または撤去後に塀を新たに築造する工事をおこなうもの
  • 築造するブロック塀などは、倒壊の防止について十分配慮された安全なものとすること

※築造はフェンスなどの軽量なものでも可能です。

補助対象者

 改善事業を行う方で、塀を所有する方(法人も可)

補助金の額

塀などの撤去

撤去費用の9割と、撤去する塀の長さ1m当たり6千円を乗じた額とを比較して少ない方の額で、12万円を上限とします。

(計算例)撤去費用10万円、撤去する塀10mの場合

10万円の9割で9万円 10m×6千円=6万円 9万円>6万円 よって補助額は6万円

塀などの築造

築造にかかる費用と、築造する塀の長さ1メートル当たり3万円を乗じた額とを比較して、少ない方の額の5割の額で30万円を上限とします。

(計算例)築造費用50万円、築造する塀10mの場合

10m×3万円=30万円 50万円>30万円 30万円の5割で15万円 よって補助額は15万円

※計算例のように撤去した後に新たに築造する場合、合計で21万円が補助額となります。

補助の制限

 同一の敷地に対して1回限りです。また、この制度以外の生垣造成費補助制度などと重複して補助を受けることはできません。補助金の総額は、本年度予算の定める範囲内とします。

その他

 補助金を希望される場合には、補助金の対象となる塀などであるか事前に現地確認を行います。

 また、生垣にされる場合は下記関連リンクより、生垣造成費補助制度をご覧ください。

手続きの流れ

事前相談

 補助を希望される方は、必ず事前にご相談ください。補助金交付決定前に改善事業に係る契約を締結した場合は、補助の対象となりませんのでご注意ください。

現地確認

 補助金を希望される場合には、事前に補助金の対象となる塀であるか現地確認を行います。

補助金交付申請書提出

 改善事業を行うことが決まりましたら、次の書類を添えて、補助金交付申請書を提出してください。必ず、改善事業に係る契約を締結する前に補助金交付申請書を提出してください。

  • 工事の設計図書の写し
  • 工事の見積書の写し
  • 登記事項証明書(法人の場合)
  • 撤去する塀の現況写真

補助金交付決定

 申請書を審査後、補助金の交付決定通知書が送付されます。補助金の交付決定以後に改善事業に係る契約を締結をしていただき、工事を実施してください。

改善事業の実施

 改善事業の終了後、工事費用を施工業者にお支払いください。

改善事業実績報告書提出

 改善事業終了後、次の書類を添えて実績報告書を提出してください。

  • 事業の完了を確認できる写真(施工途中の写真も含む)
  • 改善事業に係る契約書の写し
  • 施工業者からの請求書または領収書の写し

補助金交付額確定通知

 実績報告書の内容を審査後、補助金の交付額確定通知書が送付されます。

補助金交付請求書提出

 補助金交付額確定後、補助金交付請求書を提出してください。

補助金受領

 銀行口座に補助金が振り込まれます。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-8701 小平市小川町2-1333 市役所4階
都市計画課建築担当
電話:042-346-9851
Fax:042-346-9513

このページの先頭へ