トップ > ごみ・環境 > 環境 > ペット・生き物 > 猫のフン・尿対策

猫のフン・尿対策

更新日: 2015年(平成27年)5月1日  作成部署:環境部 環境政策課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

 猫がフン・尿する場所は、猫にとって快適で安全な場所です。

安全で快適な場所とは

  • 人の出入りが少なく、静かで安心できる場所

  • 気持ちよく排便できるためのやわらかい土や芝がある場所

  • 対策

    猫は環境の変化に敏感です。いつもフンをされる場所に、環境の変化をつけてみましょう。猫たちにとってここは、快適に過ごせる場所ではないことを認識させましょう。

    フンの臭いが残っている場合は、臭いのある付近で繰り返しフンをする傾向があります。

  • 忌避剤を使用する

  • どくだみ茶等の茶殻をまく

  • コーヒー殻をまく

  • 食用酢をまく

  • お米のとぎ汁(とぎ始めの濃いもの)を毎日まく

  • みかん等のかんきつ類の皮をまく

  • たっぷりと水をまく

  • ニンニク・唐辛子を細かく切ってまく
  • ※クレゾールは、臭いが強く悪臭の苦情につながりますので使用は控えましょう。

    猫によって個体差があるため、すべての猫が嫌がるというものではありません。


    お問合せ先

    〒187-8701 
    小平市小川町2-1333 市役所4階

    環境政策課環境対策担当

    電話:042-346-9536

    FAX:042-346-9643

    このページの情報は役に立ちましたか?
    このページは見つけやすかったですか?

    • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
    • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
    • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

    よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

    検索したい文言を入力してください

    ページトップに戻る