トップ > 市政情報 > 産業 > 農業 > 認定農業者制度

認定農業者制度

更新日: 2017年(平成29年)10月24日  作成部署:地域振興部 産業振興課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

認定農業者制度とは

 認定農業者制度とは、農業者が自らの農業経営を計画的に改善するため作成した「農業経営改善計画」を市が認定し、その計画達成に向けた取り組みを市・農業関係機関・団体が協力、支援する仕組みです。


認定農業者になると

 認定農業者になると、専門の「認定農業者相談支援チーム」による農業経営改善のための相談や、経営改善に向けた農機具や農業用資材等の購入のため、市や都の事業が活用できるなどの利点があります。


小平市における認定農業者支援策

 小平市では、市・農業委員会・農業団体等から構成される「認定農業者相談支援チーム」による経営相談をはじめとした支援体制を構築しています。

 また小平市の単独事業として「地域農業担い手支援事業」を実施しており、認定農業者が農業経営改善計画の目標を達成するため、必要な農業用施設や機械等の費用を補助し、市内の中核農家として、強い農業経営体の育成・支援を行っています。

 その他、国や東京都の支援事業のうち、認定農業者であることが条件となっている一部の事業を活用することができるようになります。


募集について

 毎年、おおむね9~10月ごろに募集や説明会を行っています。

※ なお、一定の農業所得目標が認定の基準となっています。


添付ファイル

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所1階

産業振興課農業振興担当

電話:042-346-9533

FAX:042-346-9575

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください