トップ > くらし・手続き・税 > 下水道 > 下水道使用届・使用料金 > 下水道使用料

下水道使用料

更新日: 2018年(平成30年)7月19日  作成部署:環境部 下水道課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

下水道使用料は、公共下水道の維持管理経費や汚水を処理するための水再生センターに要する経費等、汚水処理の費用として皆さんに負担していただいています。

下水道使用料の算定など

  • 下水道使用料は、水道等の使用量を排出しているものとみなして算定します。
  • 下水道使用料の徴収は、東京都水道局に事務を委託しており、水道料金と同時に行っています。請求は、通常2か月ごととなります。

公共下水道使用開始届

    下水道を使用、休止、廃止または廃止する際には、公共下水道使用開始届を提出してください。

下水道使用料(料金表)

下水道使用料(料金表)はこちら

下水道使用料の減免制度

下水道使用料減免制度はこちら

地下水(井戸水・温泉水等)、湧水、工事用排水、雨水利用水等にも下水道使用料がかかります

下記の項目に該当する場合、下水道使用料の徴収対象となりますので、事前に申請及び届出が必要となります。

地下水(井戸水・温泉水等)を利用するとき

地下水(井戸水・温泉水等)を利用し、その排水を下水道に排出する場合

地下水使用に係る届出はこちら

雨水を貯留しトイレ等に利用するとき

雨水を貯留しトイレ等に利用し、その排水を下水道に排出する場合

雨水使用に係る申請はこちら

工事等により一時的に利用するとき

湧水、雨水、工事用排水等を排出するため、下水道を一時的に使用する場合

一時使用に係る申請はこちら

減水のご案内

営業活動に伴う、クーリングタワーによる蒸発水やグランドへの散水等により、使用水量と公共下水道への汚水排出量が著しく異なる場合には、申請により使用水量から減水量を差引いて汚水排出量の認定を受けられます。認定を受けるには、条件があります。

汚水排出量の減水に係る申請はこちら

私設メータの交換・廃止

地下水・雨水の利用や汚水排出量の減水による水量の把握のため設置している私設メータの交換や廃止については、届出が必要です。私設メータは、計量法の規定に基き、8年に一度メータを交換していただく必要があります。廃止については、手続きが異なりますので、お問い合わせください。

私設メータの交換・廃止に係る届出はこちら

罰則について

公共下水道使用届の届出を怠ったときなどは、「5万円以下の過料」を科せられます。また、不正行為により、下水道使用料の徴収を免れた者については、「免れた金額の5倍に相当する金額(当該5倍に相当する金額が5万円を超えないときは、5万円とする。)以下の過料」を科せられます。(小平市下水道条例第22条及び第23条)

添付ファイル

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所4階

下水道課庶務担当

電話:042-346-9559

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る