トップ > くらし・手続き・税 > 防災 > 災害に備えて > 立川断層帯について

立川断層帯について

更新日: 2016年(平成28年)7月7日  作成部署:総務部 防災危機管理課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

 立川断層帯は、埼玉県入間郡名栗村から東京都青梅市、立川市を経て府中市に至る断層帯で、名栗断層と立川断層から構成されております。
 全体として長さは約33kmで、概ね北西から南東方向に延びています。

 立川断層帯は、小平市内を通過しておりませんが、この断層帯で地震が発生すれば、震源に近い小平市においても大きな被害が生じることが想定されます。
 日頃の備えとして、家庭での備蓄や、家具類等の転倒・落下・移動防止、自宅の耐震化、家族間での連絡方法の確認などをしておくことが大切です。

 立川断層帯についての詳細情報は、以下をご覧ください。


お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所3階

防災危機管理課防災危機管理担当

電話:042-346-9519

FAX:042-346-9513

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る