トップ > くらし・手続き・税 > 交通・道路 > 交通安全 > 自転車事故の高額賠償事例

自転車事故の高額賠償事例

更新日: 2014年(平成26年)3月26日  作成部署:都市開発部 交通対策課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

 小学生が自転車事故で加害者になり、保護者に対して高額な賠償請求が認められるケースが出ています。
 このコラムは、広く市民の方に自転車に関することを知ってもらうため、市報に不定期連載された6回目の内容です。

一瞬の気の緩みが...

 自転車で交通事故を起こしてしまい、加害者となると刑事責任や民事責任等を負うことになるのは前回ふれましたが、中には被害者から損害賠償請求され、高額な支払いを命じる判決が出た事例があります。

 兵庫県神戸市では、児童が自転車運転中に散歩中の女性と衝突して加害者となり、保護者に対し約9500万円の損害賠償を命じる判決が出ました。

 交通事故に遭わないようにするには、交通ルールを守ったうえで安全運転をすることが第一ですが、万が一の自転車事故や損害賠償に対応できるように、保険の加入をしておきましょう。


お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所4階

交通対策課交通安全担当

電話:042-346-9827

FAX:042-346-9513

警視庁小平警察署 交通課 042(343)0110

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る