トップ > ごみ・環境 > 環境 > 公害 > 大気汚染防止法(アスベスト)の改正について

大気汚染防止法(アスベスト)の改正について

更新日: 2014年(平成26年)12月18日  作成部署:環境部 環境政策課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

平成26年6月1日から大気汚染防止法の石綿(アスベスト)規制が変わりました。

主な変更点については以下の通りです。

(1)届出義務者の変更

 特定粉じん排出等作業の実施の届出義務者が、工事の施工者から工事の発注者又は自主施工者に変更になりました。


(2)解体等工事の事前調査、説明、掲示の義務付け

 解体等工事の受注者及び自主施工者は、石綿使用の有無について事前に調査をし、石綿使用の有無にかかわらず、その結果等を解体等工事の場所に掲示しなければなりません。また、解体等工事の受注者は、発注者に対し調査結果等を書面で説明しなければなりません。


(3)立入検査等の対象の拡大

 都道府県知事等による報告徴収の対象に、届出がない場合を含めた解体等工事の発注者、受注者又は自主施工者が加えられ、立ち入り検査の対象に解体等工事に係る建築物等が加えられました。


(4)作業基準の強化

・ 作業区画内の最初の除去開始前に集じん・排気装置の正常稼働確認。

・ 作業区画内の最初の除去作業開始後速やかに、集じん・排気装置の排気口において粉じん計等を用いて、正常稼働を確認。

・ 毎日、除去作業開始前に区画内と前室の負圧確認。

詳細については下記の添付ファイルまたは関連リンクをご覧ください。


添付ファイル

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所4階

環境政策課

電話:042-341-1211(代表)内線2461~2463

FAX:042-346-9643

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る