トップ > くらし・手続き・税 > 防犯 > 犯罪抑止 > 振り込め詐欺にご注意ください

振り込め詐欺にご注意ください

更新日: 2017年(平成29年)8月29日  作成部署:総務部 地域安全課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る
振り込め詐欺被害防止キャンペーン

振り込め詐欺被害防止キャンペーン

依然として被害が絶えない振り込め詐欺被害防止に向け、小平市では小平警察署・小平防犯協会・金融機関等と連携して、定期的に振り込め詐欺被害防止キャンペーンを行っております。

市民の方一人一人が防犯意識を高め、詐欺被害にあわないようにするため活動しております。

お金の話が出たら、振り込め詐欺です

振り込め詐欺とは、息子や孫又は警察官・市職員などになりすまし、電話をして、手渡しや振り込み、宅配便などを使ってお金をだまし取るものです。最近では、犯人が直接現金などを受け取りに来る「受取型」が急増しています。

息子や孫を守りたいという思いにつけこむ卑劣な犯罪です。


騙されてしまう人

振り込め詐欺は誰にでも起こりうる犯罪です。「自分は振り込め詐欺の知識がある」「子どもの声を聞き間違えるはずがない」「お金がないので大丈夫」など、被害者のほとんどは自分が騙されるとは思っていなかったそうです。

振り込め詐欺の被害者は、70歳以上の人が全体の80%を占めます。日頃から危機意識を持ち、対策を立てておきましょう。



【対策1】知らない番号の電話には出ない。

電話に出て直接話してしまうと、犯人のペースになってしまい冷静な判断がしづらくなってしまいます。

防犯機能付き電話や、市販の自動通話録音機を取り付けると、電話に出ないまま相手に警告メッセージを流すことができるので効果的です。

また、常に留守番電話に設定しておき、相手を確認してからかけ直すことも良い方法です。

その際、かかってきた番号にはかけ直さず、以前から把握している電話番号にかけ直しましょう。


【対策2】キャッシュカードは渡さない

最近多発している手口で、キャッシュカードを要求してくるものがあります。

犯人は、警察、デパート店員、金融庁職員を名のり、カードの不正利用から口座預金を守るためとウソを伝え、キャッシュカードと暗証番号を手に入れようとします。

しかし、警察、デパート、役所などはキャッシュカードを預かることはありませんので、どんな理由があってもカードを渡さないようにしてください。


【対策3】ATMに誘導されたら詐欺です

市職員などを装って、今日中に手続きをすれば還付金を受け取れると騙します。

しかし、還付金はATMで受け取ることはできません。

「今日中に」と急がせるのも、詐欺の手口です。


【対策4】日頃から家族間の交流を深める

家族間で日頃から頻繁に連絡を取り、交流を深めておきましょう。その際には、「電話ではお金の話は絶対にしない」「本当に家族か確認できるような質問をする」など詐欺被害防止のために話しあっておくのが効果的です。


【対策5】家族の電話番号を電話の近くに貼っておく。

警戒をしていてもいざというときは慌ててしまうのは当然です。

そんなときでもすぐに本人に確認が取れるように、電話の近くに家族の電話番号を貼っておくと安心です。どんなに相手が急ぐように促してきても、必ず本人に確認してから行動しましょう。

あやしい電話にはご注意ください

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所3階

地域安全課地域安全担当

電話:042-346-9614

FAX:042-346-9513

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る