トップ > 健康・福祉 > 健康 > 予防接種(インフルエンザ、肺炎球菌など) > 風しん抗体検査と風しん予防接種の費用助成

風しん抗体検査と風しん予防接種の費用助成

更新日: 2019年(平成31年)4月22日  作成部署:健康福祉部 健康推進課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

妊娠中の女性の風しん感染による、先天性風しん症候群の発生を防止するための制度です。

平成30年11月1日から、19才以上で、妊娠を予定または希望する女性、その同居者、妊婦の同居者を対象として、風しん抗体検査を実施します。また、風しんの抗体検査の結果、抗体価が不十分で、風しんの予防接種が必要と認められた方を対象に、接種費用の助成を行います。 

風しん抗体検査

対象者

検査時に19歳以上の小平市民で、以下のいずれかに該当する方

  1. 妊娠を予定または希望する女性
  2. 1の同居者
  3. 妊婦の同居者

これまでに風しんにり患したことがなく、風しんの予防接種を2回以上受けたことがないことが条件です。

(注)風しん定期予防接種の対象となる昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性は、風しんの追加的対策の対象になり、当事業の対象にはならない予定ですのでご注意ください。

自己負担

無料

実施期間

平成31年4月1日から平成32年3月31日まで

実施場所

市内指定医療機関(添付ファイルをご覧ください)

風しん予防接種

対象者

風しん抗体検査の対象者のうち、抗体検査の結果、風しんワクチンの接種が必要と認められた方

(注)接種が必要と認められた方は次の1から3までに該当する方です。

  1. 市の抗体検査を受けて抗体価が十分でないとされた方
  2. 妊婦健診において風しん抗体価が十分でないとされた出産後の方
  3. 指定医療機関以外で抗体検査を受け、抗体価が十分でないとされた方

自己負担

麻しん風しん混合ワクチン 5千円

風しん単独ワクチン 3千円

(注)公費負担額を除いた額です。生活保護受給者は無料です。

共通事項

実施期間

平成31年4月1日から平成32年3月31日まで

実施場所

市内指定医療機関

持ち物

住所と年齢の確認ができるもの(健康保険証、運転免許証等)

(注)予防接種には抗体検査の結果も持参

(注)生活保護受給者の方は、生活保護受給証明書も持参

申込み

直接、指定医療機関へ(添付ファイルをご覧ください)

(注)平成32年3月31日までに接種が済むよう抗体検査を受診して下さい。

(注)風しん単独ワクチンは供給量が少ないため、希望しても接種できない場合があります。

(注)ワクチンの供給状況により、接種までしばらくお待ちいただく場合があります。

(注)医師の予診の結果、接種ができない場合もあります。

添付ファイル

お問合せ先

〒187-0043 小平市学園東町1-19-12 健康センター1階
健康推進課予防担当
電話:042-346-3700
Fax:042-346-3705

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る