トップ > 市政情報 > 社会保障・税番号制度(マイナンバー制度) > 社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)全般 > 社会保障・税番号制度に係る条例の制定について

社会保障・税番号制度に係る条例の制定について

更新日: 2015年(平成27年)12月28日  作成部署:企画政策部 情報政策課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

条例制定の理由

 行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(番号利用法)では、地方公共団体が条例で定めることにより、同法第9条第2項に基づく個人番号の利用(独自利用)、第19条第9号に基づく特定個人情報の提供(団体内他機関連携)が可能となる旨が規定されています。

 これを受け小平市でも、番号利用法の趣旨に鑑み、行政の効率化や市民の利便性の向上に資することを目的とし、条例を制定することとなりました。


条例の内容

 添付ファイルの「小平市個人番号の利用並びに特定個人情報の利用及び提供に関する条例」をご覧ください。


添付ファイル

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333

情報政策課推進担当

電話:042-346-9802

FAX:042-346-9599

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る