トップ > 子ども・教育 > 妊娠がわかったら > 妊婦健康診査 > 都外医療機関、助産所での妊婦健康診査の費用助成

都外医療機関、助産所での妊婦健康診査の費用助成

更新日: 2018年(平成30年)6月7日  作成部署:健康福祉部 健康推進課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

市が発行する妊婦健康診査受診票を利用できない医療機関(都外医療機関、助産所)で受診した妊婦健康診査の費用を一部助成します。

※国外での費用は対象外です。

※未使用の受診票回数分が対象です。

対象者

妊婦健診受診日に住民登録のある妊婦であり、都外医療機関や助産所において、自費で妊婦健診を受診した方

申請期限

出産日または最後に妊婦健診を受診した日から1年以内

申請場所

健康センター 健康推進課(下記お問合せ先参照)

申請に必要なもの

  • 申請書
  • 未使用の妊婦健康診査受診票等
  • 受診した都外医療機関または助産所が発行した領収書
  • 母子健康手帳の写し

     [1]表紙

     [2]出生届出済証明欄のあるページ(小平市の母子健康手帳の場合は、1ページ)

     [3]妊婦健診受診記録の記入部分(小平市の母子健康手帳の場合は、8・9ページ)
  • 印鑑
  • 請求書(振込先口座の記入があります)

※領収書の返却に2ケ月程度を要しますので、確定申告で使用される方は早めに申請してください。


添付ファイル

お問合せ先

〒187-0043 
小平市学園東町1-19-12 健康センター1階

健康推進課庶務担当

電話:042-346-9641

FAX:042-346-3705

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください