小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の くらしのガイド の中の 防犯・防災・交通 の中の 防災 の中の 災害に備えて の中の 災害時の応急給水

更新日:2016年9月12日

作成部署:総務部 防災危機管理課

 断水した場合には、避難所及び浄水所等で応急給水を行います。給水時には、ポリタンクや給水袋、バケツ、ペットボトル等、給水容器を各自持参していただきます。
 災害に備えて、日頃から準備しておきましょう。

日頃から備蓄しましょう

 1人1日に3リットル程度の飲料水が必要です。食料だけでなく、飲料水についても家族が最低3日間過ごせるように用意しておきましょう。

※備蓄したまま、期限切れにならぬようご注意ください。飲料水など、普段から使用するものは少し多めに買い置きして、消費したら新しいものを買うようにするなど、ランニングストックすれば簡単に管理できます。

※ふろの残り湯は捨てずに貯めておきましょう。消火活動や断水時のトイレ排水等にも使用できます。


避難所等での応急給水

 被害状況等により給水拠点を決定します。防災行政無線や広報車、ホームページ、避難所掲示板などを利用し、給水場所や時間について、皆さんにお知らせします。

飲料貯水槽等

 避難所となる市立小・中学校及び小平元気村おがわ東では、災害用に設置している飲料貯水槽から応急給水を行います。

 また、消火栓を利用したスタンドパイプによる応急給水や給水車、ウォーター・バルーン、ウォーター・パッカー(袋詰め)を利用した給水活動も合わせて行います。

震災対策用井戸

 災害時に震災対策用井戸として開設します。井戸所有者のご厚意により、自宅等にある井戸を震災対策用として登録していただいています(小平市防災マップに掲載)。断水により自宅の水道が利用ができない場合、生活用水等としてご利用いただけます。

 災害時とはいえ、個人の所有するものです。給水時には、利用者としてマナーある行動をとり、ご近所同士で助け合いましょう。

 [1]「震災対策用井戸」の看板を掲げるお宅で、井戸の利用ができるか確認する

 [2]給水容器を持って行く

 [3]順番を待ち、給水する

東京都水道局 災害時給水ステーション

 東京都水道局では、災害時の飲料水確保として水道施設の耐震化を進めるとともに、災害時には浄水所等で災害時給水ステーションを開設します。

市内の浄水所等
名 称 所在地
小川浄水所 小川町1-847
津田二号水源 津田町3-39-3
上水南浄水所 上水南町3-12-36

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-8701 小平市小川町2-1333 市役所3階
防災危機管理課計画調整担当
電話:042-346-9519
Fax:042-346-9513

このページの先頭へ