小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の くらしのガイド の中の 市政情報・相談 の中の 事業者向け の中の 入札・契約 の中の 工事請負契約における現場代理人常駐義務の緩和について

更新日:2016年10月13日

作成部署:総務部 契約検査課

 本市では、工事請負契約約款第9条第2項の規定における現場代理人は工事現場に常駐することと定めており、他の現場との兼務は認めていません。

 しかし、昨今の厳しい経済情勢を踏まえ、受注機会の拡大を図る目的のため、平成23年4月1日より現場代理人の常駐義務の緩和を実施しているところですが、この度、兼務が可能な工事の契約金額の合計額について引き上げを行います。

常駐義務の緩和

 現に契約している工事及び新たに契約する工事が、次の内容を満たす場合において、2件までの兼務を認めます。

  • 小平市発注の工事であること。
  • 兼務する工事の契約金額の合計が3,500万円未満であること。
  • 施工にあたり、工事現場の安全管理、住民対応等に配慮するとともに、兼務する双方の監督員と常に連絡が取れる体制を確保すること。
  • 落札決定後、総務部契約検査課へ現場代理人兼務届を提出すること。

 

 ただし、兼務配置とした工事施工中に、安全管理、工程管理等施工管理体制が不十分な場合は、兼務を解除する場合がありますので、ご留意ください。

 詳細は別紙1「小平市工事請負契約における現場代理人常駐義務の緩和措置に関する基準」をご覧ください。


施行期日

 平成28年10月12日


現場代理人兼務届

 現場代理人の兼務を希望する事業者様は、落札決定後、総務部契約検査課へ現場代理人兼務届(様式1)を提出してください。


ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-8701 小平市小川町2-1333 市役所3階
契約検査課契約担当
電話:042-346-9517
Fax:042-346-9518

このページの先頭へ