トップ > くらし・手続き・税 > 交通・道路 > 道路 > 道路上に張り出している樹木剪定のおねがい

道路上に張り出している樹木剪定のおねがい

更新日: 2019年(令和元年)5月31日  作成部署:都市開発部 道路課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

 宅地内の樹木が道路に張り出していることが原因で、次のようなことが起こる可能性がありますので、建築限界を守り、定期的な剪定又は伐採をお願いいたします。

 

1 垂れ下がった枝が車に当たる。

2 折れ枝が原因で車が通れない。

3 伸びた枝に当たって歩行者が怪我をする。

4 街路灯、防犯灯やカーブミラーが伸びた枝で見えにくい。

5 見通しが悪くなり事故が起きる。

 

ご注意ください

 宅地内から張り出している樹木等が原因で通行中の歩行者が負傷したり車両が損傷した場合、所有者が責任を問われることがあります。

 

建築限界とは

 道路上で車両や歩行者の交通の安全を確保するために、車道上空4.5m、歩道上空2.5mの範囲内に障がいとなるもの(信号機、樹木等)をおいてはならないという空間確保の限界のことです。

 

 

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所4階

道路課路政担当

電話:042-346-9824

FAX:042-346-9513

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る