小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の くらしのガイド の中の 市政情報・相談 の中の 男女共同参画 の中の 性的マイノリティの人権

更新日:2017年6月5日

作成部署:地域振興部 市民協働・男女参画推進課

私たちは皆、自分の存在と尊厳が守られ、自由に幸せを追い求めることのできる権利「人権」を持っています。
私たちは、家庭や地域、職場、学校などで多くの人と関わり合いをもって生きています。その中で、一人ひとりが自分らしく生き、そして、他の人たちとともに皆が幸せに生きていくためには、お互いの個性を尊重し、認め合うことが必要です。
東京都の人権施策推進の基本理念を示した「東京都人権施策推進指針」等において重要課題とされているものの中から、性同一性障害と性的指向について取り上げ、相談窓口をご紹介します。

「性」のあり方は様々です 

 人はみな生まれた時に判定された性別と自分が認識している自分自身の性別は一致している、また、恋愛対象は必ず異性に向くものだと思っていませんか?

 「性」のあり方はそれだけとは限りません。「出生時に判定された性と性自認が一致し、かつ、性的指向は異性」に当てはまらない人は、性的マイノリティ あるいは LGBT などと呼ばれています。


 LGBTは、代表的な性的マイノリティの頭文字をとって作られた言葉です。

 ・Lesbian(レズビアン) 女性同性愛者

 ・Gay(ゲイ) 男性同性愛者

 ・Bisexual(バイセクシュアル) 両性愛者

 ・Transgender(トランスジェンダー) 身体の性と異なる性別で生きる人、あるいは生きたいと望む人

 さらに、こうしたLGBTの枠に当てはまらない人もいます。「性」はとても多様なのです。


 東京都では、性的マイノリティについてのリーフレットを作成し、性的マイノリティについての説明と、相談窓口についてお知らせしています。

 リーフレット:性的マイノリティの人権 多様な「性」があること、知っていますか?  はこちら  >>(外部リンク)


「相談窓口」

 ○ よりそいホットライン 電話:0120-279-338(24時間対応)

  どんな人の、どんな悩みにも寄り添って、一緒に解決する方法を探します。音声ガイダンスに従い、相談したい内容の番号を選んでください。性的マイノリティなどに関するご相談は4番です。

  http://279338.jp/yorisoi/


人権問題全般に関する相談

 ○ みんなの人権110番 電話:0570-003-110

  東京法務局(支局を含む)常設相談所 祝日・年末年始を除く、月曜~金曜 8時30分から17時15分

 ○ 東京都人権プラザ 電話:03-6722-0124、03-6722-0125

  祝日・年末年始を除く、月曜~金曜 9時30分から17時30分

  Eメールでの相談受付も実施しています。

  メールアドレス:ippan_sodan@tokyo-jinken.or.jp


多様な「性」があること、知っていますか?


○性同一性障害者

  からだとこころの性が一致せず苦しんでいる人がいます

「性同一性障害」とは、生物学的な性(からだの性)と性の自己意識(こころの性) が一致しないため、社会生活に支障がある状態を言い、国際疾病分類では疾病 として認められていますが、社会では十分認識されていません。

性同一性障害の人々は社会の中で偏見の目で見られ、差別的な扱いを受けることがあります。性同一性障害であるために、学齢期にいじめに遭い、不登校になったり、性同一性障害であることを家族や友人に言えずに悩み、自殺まで考える人がいるという指摘もあります。

また、性同一性障害の人々は、通院治療、海外渡航、就職、結婚などにおいて生活上の不利益が生じています。平成16(2004)年に性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律が施行され、この法律により、性同一性障害者であって、一定 の基準を満たす者については、性別の取扱いの変更の審判を受けることができるようになりました(平成20(2008)年に改正法によって条件を緩和)。


○性的指向 

  性のあり方は様々です

「性的指向」とは、人の恋愛・性愛の対象がどういう方向に向かうのかを示す概念であり、自分の意志で変えたり、選んだりできるものではないと言われています。同性愛者や両性愛者の人々は、少数派であるために正常と思われず、興味本位で見られたり、職場や学校で嫌がらせやいじめを受けるなど、日常生活や社会生活の様々な面で人権に関わる問題も発生しています。

性については多様性があるということについて理解を深め、性的指向の異なる人たちへの偏見や差別をなくし、全ての人々の人権が尊重される社会を実現することが大切です。


ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-8701 小平市小川町2-1333 市役所1階
市民協働・男女参画推進課男女共同参画担当
電話:042-346-9618
Fax:042-346-9575

このページの先頭へ