トップ > ごみ・環境 > ごみと資源の出し方 > 平成29年9月13日 ごみ収集車の火災が発生しました

平成29年9月13日 ごみ収集車の火災が発生しました

更新日: 2017年(平成29年)9月15日  作成部署:環境部 資源循環課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

9/13に収集車から出されたスプレー缶等[1] 9/13に収集車から出されたスプレー缶等[1]

9/13に収集車から出されたスプレー缶等[2] 9/13に収集車から出されたスプレー缶等[2]

平成29年9月13日(水曜日)午前9時頃に、学園西町1丁目にて、燃えないごみを収集していたごみ収集車の火災が発生する事故が発生しました。原因としましては、中身が入ったまま、ごみとして出されたスプレー缶から漏れたガスに、金属の摩擦などから発生した火花が引火したことが、原因と思われます。


毎年、収集車や清掃工場にて、中身が入ったままのスプレー缶・ガスカートリッジ缶やライターが原因だと思われる火災事故が起きております。


こうした事故は、付近の住民や通行人、収集員にとって大変危険なばかりでなく、皆さんのごみの円滑な処理にも影響が出かねません。


・スプレー缶・ガスカートリッジ缶を出すときは、こちらの出し方のルールを必ず守ってください。


・ライターを出すときは、こちらの出し方のルールを必ず守ってください。



また、購入する際は、使いきれる量だけ買うよう心がけましょう。


お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所4階

資源循環課管理担当

電話:042-346-9535

FAX:042-346-9555

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください