トップ > くらし・手続き・税 > 交通・道路 > 交通安全 > ゾーン30の新設について

ゾーン30の新設について

更新日: 2018年(平成30年)2月19日  作成部署:都市開発部 交通対策課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

小平十二小周辺にゾーン30が新設されました

 警視庁では、小平第八小学校や鈴木小学校周辺の地域につづき、歩行者や自転車の安全を優先とした交通安全対策のため、小平第十ニ小学校周辺の地域を「ゾーン30」に指定しました。

 「ゾーン30」とは 住宅地域や学校周辺などの生活道路を区域(ゾーン)として指定し、区域内での自動車等の速度を抑止することで、歩行者や自転車などの安全を確保するものです。

 区域内では最高速度が時速30キロートル以下に規制され、区域の入口には規制標識や路面標示が設置されています。

▽指定の区域  小川町一丁目(小平第十ニ小学校周辺)

▽車やバイク運転者へのお願い 

 歩行者や自転車の安全に配慮した運転をしましょう。住宅地の生活道路は、そこに生活する住民が利用しており、小・中学校の通学路としても利用されています。自動車やオートバイを運転する際には交通ルールを守り安全運転をお願いします。

▽問合せ 

 小平警察署交通課(交通規制係)電話042(343)0110

 交通対策課 電話042(346)9827


添付ファイル

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所4階

交通対策課交通安全担当

電話:042-346-9827

FAX:042-346-9513

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る