トップ > 子ども・教育 > ひとり親の方への支援 > ひとり親相談(リンク) > 養育費・面会交流の相談

養育費・面会交流の相談

更新日: 2018年(平成30年)6月15日  作成部署:子ども家庭部 子育て支援課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

 子どもにとっても、両親の離婚はとても大きなできごとです。子どもがこのできごとを乗り越えて健やかに成長していけるように、夫婦が離婚をするときに親としてあらかじめや話し合っておくべきことに、「養育費の分担」と「面会交流」があります。

 平成23年の民法の一部改正で、協議離婚の際に父母が協議で定めるべき事項として「養育費の分担」と「面会交流」があること、これらの取り決めをするときは、子の利益を最も優先して考慮しなければならないことが民法に明記されました。

 養育費と面会交流の内容については下記と、詳細については関連リンクをご覧ください。

 

養育費


養育費とは

 養育費は、子どもを監護・教育するために必要な費用です。一般的には、経済的社会的に自立していない子が自立するまで要する費用を意味し、衣食住に必要な経費、教育費、医療費などがこれに当たります。

親の子供に対する養育費の支払い義務(扶養義務)は、親の生活に余力がなくても自分と同じ水準の生活を保障するという強い義務(生活保持義務)とされています。

 子どもがいる夫婦が離婚する場合、基本的にはどちらか一方が親権者となって子どもを養育することになりますが、離婚により親権者でなくなった親であっても、また子どもと離れて暮らすこととなった親であっても、子どもの親であることに変わりなく、子どもに対して自分と同じ水準の生活ができるようにする義務があります。


養育費の取り決め

 養育費は子どものためのものです。子どもと離れて暮らすことになる親と子どもの関係を大事にするためにも、離婚時に養育費の金額、支払時期、支払期間、支払方法などを取り決めておく必要があります。養育費の取り決めは、後日その取り決めの有無や内容について紛争が生じないように、口約束ではなく、書面に残しておきましょう(できれば「公正証書」にするのがよい)。

 また、事後的な事情の変更がある場合は、いったん取り決めた養育費の増額や減額を他方の親に求めることができる場合があります。

 なお、離婚時の取り決めや、その後の増額又は減額について、当事者間で話し合いができないときは、家庭裁判所に調停または審判を申し立てることができます。

面会交流


面会交流とは

 面会交流とは、子どもと離れて暮らしている親が、子どもと定期的、継続的に会ったり、手紙や電話などの方法で交流することをいいます。

 離婚によって夫婦は他人になっても、子どもにとっては父母は共にかけがえのない存在です。面会交流は子どもの成長のために大切なものです。


面会交流の取り決め

 面会交流の方法や時期、回数などについては、子どもが安心して面会交流を楽しめるように、子どもの年齢や健康状態、生活状況等を考えながら無理のないように取り決めることが必要です。また、親同士がお互いに守らなければならないルールを決めておくことも大切です。

 面会交流の取り決めは、後日その取り決めの有無や内容について紛争が生じないように、書面に残しておきましょう。

 なお、話し合いで面会交流の取り決めができないときは家庭裁判所に調停または審判を申し立てることができます。


養育費・面会交流の相談機関

 

養育費相談支援センター

 養育費と面会交流について電話やメールによる相談を行っています。


  〈電話相談〉

    平日(水曜を除く) 午前10時~午後 8時

    水曜        午後 0時~午後10時

    土曜・祝日     午前10時~午後 6時

     ※振替休日は、電話相談はお休みです。

  〈電話〉

    03-3980-4108(携帯電話から)

    0120-965-419(携帯電話以外から)


東京都ひとり親家庭支援センターはあと

 養育費相談、面会交流支援、離婚前後の法律相談を行っています。電話相談のほか、来所による専門相談も行っています。

  

  〈受付時間〉

    通年 午前9時~午後4時30分

  〈電話〉

    03-5261-1278

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所2階

子育て支援課相談支援担当

電話:042-346-9628

FAX:042-346-9200

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る