トップ > くらし・手続き・税 > 国民健康保険 > 国民健康保険 > 海外出産に係る出産育児一時金の支給適正化に向けた対策について

海外出産に係る出産育児一時金の支給適正化に向けた対策について

更新日: 2019年(令和元年)5月9日  作成部署:健康福祉部 保険年金課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

 海外療養費及び海外出産にかかる出産育児一時金の支給に関し、平成31年4月1日付で厚生労働省保険局国民健康保険課長通知(保国発0401第2号)があり、海外療養費にかかる支給事務の一層の適正化とともに、海外出産にかかる出産育児一時金についても支給の適正化に向けた対策が示されました。

 当市ではこの通知を受け、海外出産に係る出産育児一時金の支給申請について、従来の提出書類に加えて、出産の事実の確認のため海外の医療機関等に対して内容照会を行うことの同意書を提出いただくよう取扱いを変更いたします。(海外療養費については、従来より同意書を提出いただいておりますので、取扱いに変更はありません。)

 また、不正請求が疑われる場合には警察とも相談・連携し厳正な対応を行ってまいります。適正化対策の趣旨を理解いただき、ご協力いただきますようお願いいたします。

 

添付ファイル

 

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所1階

保険年金課国民健康保険担当

電話:042-346-9529

FAX:042-346-9513

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る