トップ > ごみ・環境 > みどり・用水 > 用水 > 用水の白濁について

用水の白濁について

更新日: 2019年(令和元年)11月22日  作成部署:環境部 水と緑と公園課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

本年の台風15号及び19号の通過後において、市内の用水路が白濁しております。玉川上水と野火止用水を除く市内の用水は、多摩川から取水しており、上流部の奥多摩湖付近において石灰岩質の山が多いことから、台風の影響で石灰が雨水に溶けて流れこむことが原因と考えられます。

用水の白濁について

本年の台風15号及び19号の通過後において、市内の用水路が白濁しております。
玉川上水と野火止用水を除く市内の用水は、多摩川から取水しており、上流部の奥多摩湖付近において石灰岩質の山が多いことから、台風の影響で石灰が雨水に溶けて流れこむことが原因と考えられます。
過去の状況から判断すると、一定期間経過後に元の水に戻りますのでご安心ください。
市としましては今後も状況を観察してまいりたいと考えております。
ご不明な点等がございましたら、担当までご一報ください。

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所4階

水と緑と公園課用水担当

電話:042-346-9831

FAX:042-346-9513

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る