トップ > 健康・福祉 > 健康 > 予防接種(インフルエンザ、肺炎球菌など) > ワクチン接種間隔の規定が改定されました

ワクチン接種間隔の規定が改定されました

更新日: 2020年(令和2年)10月1日  作成部署:健康福祉部 健康推進課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

10月1日からワクチン接種間隔の規定が改定されました。

制度について

 定期予防接種実施要領の改正により、異なるワクチンの接種間隔に関する制度が変わりました。令和2年10月1日以降は、注射生ワクチンと注射生ワクチンの間のみ4週間(中27日)空けるようになります。ただし、同一種類のワクチンを複数回接種する場合の、接種間隔に関する定めには変更ありません。

(注)注射生ワクチンとは、BCG、麻しん、風しん、麻しん風しん混合、水痘、おたふくかぜ等のワクチンです。 

(注)同時接種については今まで通り、医師の判断で実施可能です。

こだっこ予防接種&子育て応援ナビをご活用ください

 スマートフォン向けモバイルアプリ「こだっこ予防接種&子育て応援ナビ」には、予防接種の接種間隔を考慮したスケジュールを、自動で作成してくれる機能があります。詳細はこちらのページから。ぜひご活用ください。

 

 

 

お問合せ先

〒187-0043 
小平市学園東町1-19-12 健康センター1階

健康推進課予防担当・保健指導担当

電話:042-346-3700、042-346-3701

FAX:042-346-3705

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る