トップ > 健康・福祉 > 介護 > 介護保険制度 > 新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定更新申請の有効期間延長の取り扱いについて

新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定更新申請の有効期間延長の取り扱いについて

更新日: 2022年(令和4年)2月17日  作成部署:健康福祉部 高齢者支援課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取り扱いについて、以下の対象者に該当する場合、現在の有効期間を12か月延長できます。

対象者

更新対象者で、施設または病院で面会禁止の措置を講じているなど、認定調査が実施できない場合

 

申請方法

要介護認定更新申請書に通常通り記入し、『申請理由』欄に「施設(または病院)で面会禁止のため有効期間の延長を希望」と記入してください。

更新申請受付期間内(有効期間満了日から60日以内)に小平市高齢者支援課認定担当に提出してください。

 

結果の通知について

有効期間満了月の20日頃に認定結果通知・介護保険証を発送しています。
(例:令和4年1月末で有効期間満了の場合、令和4年1月20日頃に発送)

 

注意事項

臨時的な取り扱いのため、継続・終了時期について新型コロナウイルス感染症の感染状況に基づき判断しています。

取り扱いが変更となる場合はホームページ上でお知らせします。

 

添付ファイル

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 健康福祉事務センター1階

高齢者支援課認定担当

電話:042-346-9759

FAX:042-346-9498

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る