小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の 市報こだいら の中の 2014年5月5日 観光まちづくり振興プラン特集号

更新日:2014年5月5日

作成部署:企画政策部 秘書広報課

【1面】

小平市観光まちづくり振興プランを策定しました

都会から一番近いプチ田舎

基本理念

「訪れたい、住み続けたい」の観光まちづくり

基本方針

●過ごしやすいまち

市民が安心して暮らし、来訪者が快適な時間を過ごせる観光まちづくりを推進します。

●ゆったりしたまち

小平グリーンロードを中心とした、ゆったり感に満ちた観光まちづくりを推進します。

●活力のあるまち

多世代がいきいきと暮らし、身近なところにスポーツや文化があり、気軽に触れられる、活力あふれる観光まちづくりを推進します。


計画の推進

小平市の目指す観光まちづくりは、地域住民・地域社会を主体として、よりよいまちづくりのために進める取り組みです。

まちの魅力を磨くため、市民や関係団体、行政など多様な主体が参加し、協働することによって観光まちづくりを進めることが大切です。


3つの戦略と7つの目標

戦略1 おもてなしの体制づくり

おもてなしの要素は「人・組織・場所」です。

観光まちづくりという考え方を持った人材を育成すること、まちの魅力をよく知り自由な発想と機動力を持った組織ができること、観光案内所の機能を持った施設ができることを目指します。

目標1 観光まちづくりの推進体制を確立する

●小平市全体で観光まちづくりを進めます

目標2 おもてなしの環境整備を進める

●観光案内などのサービスを充実させます


戦略2 情報発信環境の整備

 

SNSを含むインターネットなどの電子媒体と市報やパンフレットなどの紙媒体を、情報の受け手に合わせて使い分けます。

また発信したい情報だけでなく、届けてほしいと思っている情報を的確に届けたり、多くの人に魅力的な情報が継続的に伝わることを目指します。

目標3 地域の情報発信力を強化する

●まちの魅力を広く知らせます


戦略3 地域資源の活用

水と緑が豊かな「小平グリーンロード」や農産物の直売所、歴史的な景観などのゆったり感を大切にします。

またふれあい下水道館や小平ふるさと村などの文化施設や日本一丸ポスト、小平市民まつりをはじめとする地域の伝統行事、小平糧うどんやブルーベリーなどの地域を代表する食についての理解が深まることを目指します。

目標4 ゆったりしたまちの価値への理解を深める

●自然・緑が残る良好な環境を維持します

目標5 文化・交流につながる地域資源を活用する

●見どころを結び、魅力を高めます

目標6 特色ある自分たちのイベントという意識を高める

●地域の交流を増やし、活性化を図ります

目標7 小平ならではの特産品づくりと産業振興を進める

●食の地域資源への関心を高めます


観光まちづくりシンポジウム開催案内

とき

6月1日(日曜)午後2時~4時30分(開場午後1時30分)

ところ

嘉悦大学(カエツホール)

小平市花小金井南町2-8-4

定員250人(先着順)入場無料

内容

第1部

基調講演

講師 西川りゅうじんさん(マーケティングコンサルタント)

タイトル「こだいら地域イキイキ化計画を考えよう」

第2部

小平市観光まちづくり大使委嘱式

パネルディスカッション テーマ「こだいらの魅力を探る」


小平市観光まちづくり大使決定

鳳 真由(おおとり まゆ)さん

東京都小平市出身。

2005年3月『エンター・ザ・レビュー』で初舞台。

同年、花組に配属。

2009年『太王四神記』新人公演で、主役と伍する二番手役に抜擢され、一躍その存在がクローズアップされた。

今後の活躍を期待されているタカラジェンヌ。


上田初美(うえだ はつみ)さん

東京都小平市出身。

女流棋士、女流三段。

2001年4月、12歳でプロ入り。

2009年度には女流最多対局賞を受賞し、2011年5月には初タイトル「女王」を獲得した。

人気・実力ともに兼ね備えた女流棋士。


小林顕作(こばやし けんさく)さん

東京都小平市出身。

俳優、声優、演出家、脚本家、ダンサー。

日本大学藝術学部在学中より数多くの舞台に出演。

1996年より劇団宇宙レコードを主宰し、すべての脚本・演出・主演を担当している。

NHK Eテレ「みいつけた」のオフロスキー役でも活躍中。

 

【2面】

小平市観光まちづくり振興プランの重点施策

重点施策1 小平観光まちづくり連絡会の設置

●観光まちづくりは地域の皆さんが主体です

●観光まちづくり振興プラン検討委員会を中心に、関係団体や市民などに広く参加を呼びかけ、小平観光まちづくり連絡会を設置します


重点施策2 観光まちづくりに関する人材の育成

●公民館講座等の生涯学習などと連携し、観光まちづくりを担う人材の育成を図ります


重点施策3 観光ポータルサイトの作成

●地域情報を発信しているサイトは多数あるので、利用者が見つけやすいように情報を集約するための観光ポータルサイトを開設します


重点施策4 イベントの質向上

●小平グリーンロード沿いで現在開催しているイベントにおいてニーズ調査を行うなど、集客力を向上させる方法を探ります


重点施策5 地産地消の推進および情報発信

●市内で生産されている農産物を入手できる場を増やすとともに、その情報の発信を強化します


重点施策6 調べ学習等による郷土教育の充実

●学校教育においての調べ学習の機会を利用し、「としょかんこどもきょうどしりょう」や視聴覚ライブラリーのビデオ教材などにより子どものうちから小平の歴史に慣れ親しめるようにします


重点施策7 学生発信企画の受け入れおよび実施

●小平市大学連携協議会(こだいらブルーベリーリーグ)をはじめ、学生が発信する企画などを受け入れ、実施する体制づくりを進めます


重点施策8 テーマ別のイベントの企画

●市民や来訪者にアピールするようなテーマ別(食、農、アートなど)のイベントを企画します


重点施策9 特産品開発の支援

●話題性のある地域の特産品と定番商品の開発を支援します

●姉妹都市などの産品活用を検討します


策定の経緯

第1回検討委員会 平成24年7月25日

第2回検討委員会 平成24年9月19日

WEBアンケート調査 10月上旬 イベント来場者調査(小平市民まつり)平成24年10月21日

第3回検討委員会 平成24年10月24日

小平グリーンロード利用者調査 平成24年10月25日~11月18日

第4回検討委員会 平成24年11月14日

第5回検討委員会 平成24年12月4日

第6回検討委員会 平成25年3月26日

第7回検討委員会 平成25年5月15日

第8回検討委員会 平成25年6月20日

第9回検討委員会 平成25年7月18日

パブリックコメント実施 平成25年11月19日~12月18日

小平市観光まちづくり振興プラン策定


計画の進行管理

計画の進捗状況は毎年度の事業実施状況や実績を取りまとめ、小平観光まちづくり連絡会や庁内横断組織へのフィードバックを行います。

また、社会情勢の変化や観光まちづくりの進捗状況等に応じ、適時、見直しを図ります。

 

 

小平市観光まちづくり振興プランは、市政資料コーナー(市役所1階)、東部・西部出張所で閲覧できるほか販売もしています(1部230円)。

また、小平市ホームページでもご覧になれます。


問合せ

市民生活部 産業振興課

電話 042(346)9587

FAX 042(346)9513

電子メール sangyoshinko@city.kodaira.lg.jp

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-8701 小平市小川町2-1333 市役所3階
秘書広報課広報担当
電話:042-346-9505
Fax:042-346-9507

このページの先頭へ