トップ > 市報こだいら > 2017年 > 市報こだいら:2017年12月5日号 1面(抜粋記事)

市報こだいら:2017年12月5日号 1面(抜粋記事)

更新日: 2017年(平成29年)12月5日  作成部署:企画政策部 秘書広報課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

鍋でおいしい小平の野菜

鍋がおいしい季節になりました。

小平の新鮮な野菜を使った具だくさん、栄養満点な鍋で、体も心も温まりませんか。

甘みが増した白菜

霜にあたると、身を守るために糖度やミネラルの濃度が高くなり、格段においしくなります。

鍋に入れると柔らかく甘みが増し、たくさん食べられます。

髙橋浩幸さん(髙橋農園)

味が染み込む大根

冬のこの時期に一番おいしいのが大根です。

甘みが増してきます。鍋には、いちょう切りや、おろしが合います。

サラダや煮物にも使えるスーパー野菜です。

井上幸雄さん(井上園)

食感と甘みのねぎ

うどんやそばの薬味として、焼きねぎなど主役としても一年中食べられる万能な野菜です。

冬の寒さに当たると甘みが増してくるので、鍋には欠かせない野菜です。

中島謙一さん(中島農園)


JA東京むさし小平ファーマーズ・マーケット

鍋フェア

白菜、大根、長ねぎのいずれかの野菜と鍋の素を一緒に購入した方には、鍋の素を店頭価格より安く、特別価格で販売します。

とき

12月10日(日曜)まで

農産物直売所 歳末大売り出し

小平でとれた新鮮野菜を豊富に取り揃えた歳末大売出しを行います。

年末年始の野菜の準備にご利用ください。

とき

12月28日(木曜)から30日(土曜)まで 午前9時から午後5時まで

問合せ

JA東京むさし小平ファーマーズ・マーケット 電話042(348)7244


12月7日(木曜)まっしぐら食堂 小平冬野菜煮だんごを販売

市内の小・中学校では、給食の献立に市内で採れた新鮮な冬野菜を使う「小平冬野菜煮だんごの日」を設け、食育の推進と市内農業への理解を図っています。

市役所の食堂でも1日限定のまっしぐら食堂として、給食のメニューを再現した冬野菜煮だんごを提供します。

とき

12月7日(木曜) 午前10時から

ところ

市役所6階食堂

価格

520円(限定300食)

企画・協力

小平市農のあるまちづくり推進会議、JA東京むさし小平支店指導経済課

問合せ

産業振興課 電話042(346)9533


お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所3階

秘書広報課広報担当

電話:042-346-9505

FAX:042-346-9507

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る