トップ > よくある質問 > くらし・手続き・税 > 住民税(個人・法人) > 別居の親族を扶養にとれる?

別居の親族を扶養にとれる?

更新日: 2007年(平成19年)10月3日  作成部署:市民部 税務課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

質問

他県に住んでいる母親を私の扶養親族に入れることはできますか?

回答

扶養親族とは


1.生計を一にする親族等で

2.年間の合計所得金額が38万円以下である人


のことをいいます。


 ここで「生計を一にする」とは必ずしも同じ屋根の下で暮らしていることとは限りません。一緒に住んでいなくても、常に生活費や療養費などを送金している場合には、生計を一にしているものとして取り扱われます。


 ですから、住所が離れている親族であってもお母様と生計を一にし、お母様の合計所得が38万円以下(給与収入のみの場合は103万円以下、公的年金収入のみ場合は65歳以上では158万円以下、65歳未満では108万円以下)であれば扶養親族とすることができます。


 ただし、あなた以外の親族がすでにお母様を扶養控除にとっている場合にはあなたが重ねて扶養控除をとることができません。二重扶養の恐れがあるときはどちらかの扶養とするかをあらかじめ確認してから申告してください。

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所2階

税務課市民税担当

電話:042-346-9522・9523

FAX:042-342-3313

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る