小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の よくある質問 の中の 税・保険・年金 の中の 古い家屋の評価額が下がらないのはなぜですか

更新日:2007年10月15日

作成部署:市民部 税務課

質問

30年以上経った古い家屋の評価額が下がらないのはなぜですか。

回答

家屋の評価額が下がらない主な理由として、以下の2つの点があげられます。

1.評価額は評価替えの年度において下がらない場合があること。

家屋の評価額は、3年に1度の基準年度に評価替えを行います。具体的には、総務大臣が定めた「固定資産評価基準」をもとにして、再建築価格を基準に次の計算式により評価します。

評価額 = (1)再建築価格 × (2)経年減点補正率

(1) 再建築価格

 再建築価格とは、課税の対象となった家屋と同一のものを評価の時点で新たに建てる場合に必要とされる建築費をいいます。

(2) 経年減点補正率

 家屋は年数の経過によって損耗していくため、家屋が建築されてからの年数によって生じる損耗の状況による減価等を表したものです。

一般的に経年減点補正率は、家屋が古くなるにつれて下がっていきます。そのため、通常、評価額は下がっていきます。

しかし、物価の変動により建築資材の費用が上昇することもあり、その場合は見かけは古くなっても再建築価格は高くなります。そのため、評価額は下がらず、かえって前年度評価額を上回ることもあります。

なお、このように評価替えによる新評価額が前年度評価額を上回る場合は、前年度評価額に据え置くこととされています。

2.家屋の評価額は再建築価格の20%より下がらないこと。

家屋の評価においては、損耗の状況を再建築価格に反映するよう、固定資産評価基準により経年減点補正率が定められています。この経年減点補正率は、20%に対応する年数を経過する場合には全て20%に止めることとされています。

そのため、古い家屋でも評価額は下がらないことになります。


ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-8701 小平市小川町2-1333 市役所2階
税務課家屋・償却資産担当
電話:042-346-9525
Fax:042-342-3313

このページの先頭へ