トップ > よくある質問 > くらし・手続き・税 > 住民税(個人・法人) > 住民税額が変わったら、年金からの引き落としはどうなりますか

住民税額が変わったら、年金からの引き落としはどうなりますか

更新日: 2015年(平成27年)4月8日  作成部署:市民部 税務課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

質問

提出期限後に遅れて確定申告書を提出しました。そのため、年度の途中で住民税も変更されると思いますが、公的年金からの引き落としの額も変更となりますか。

回答

年度の途中で公的年金に係る税額が変更となる場合は、公的年金からの引き落としも停止されます。

引き落とすことができなくなった住民税については普通徴収となり、納付書や口座振替により納めていだくことになります。

(注)年金支払者(日本年金機構等)とのデータ授受に一定の時間がかかるため、停止通知後にやむを得ず引き落とされてしまうことがあります。納め過ぎとなった場合は還付等の通知をお送りいたします。予めご了承ください。

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所2階

税務課市民税担当

電話:042-346-9522・9523

FAX:042-342-3313

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る