トップ > くらし・手続き・税 > 戸籍・住民票・印鑑・マイナンバー > 戸籍・住民票・印鑑 > 郵送等による住民票・戸籍等の請求書

郵送等による住民票・戸籍等の請求書

更新日: 2018年(平成30年)9月5日  作成部署:市民部 市民課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

郵送等により住民票・戸籍等を請求する際は、こちらからダウンロードした請求書をご使用ください。

戸籍全部事項証明(戸籍謄本)・戸籍個人事項証明(戸籍抄本)を請求される方へ

市では、平成21年3月1日に戸籍をコンピュータ化しました。

戸籍全部事項証明(戸籍謄本)・戸籍個人事項証明(戸籍抄本)には、コンピュータ化以前に結婚や死亡などで除籍となった方については原則記載されません。また、離婚や離縁などの事項も原則として記載されません。

これらの事項が必要な場合は「平成改製原戸籍」を請求してください。発行手数料は1通750円です。                                  

 

請求書等は添付ファイルからダウンロードできます。

郵送等による住民票・戸籍等の請求書
用途郵送等により住民票や戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)等を請求するとき
*小平市に住民登録をしている方や小平市に本籍がある方
受付時間開庁時間内 随時
提出先あて先:郵便番号187‐8701 小平市小川町2丁目1333番地 小平市役所市民課窓口担当
提出書類

1.郵送等による住民票・戸籍の請求書(添付ファイル) 1部提出、押印あり
2.手数料(定額小為替)
3.返信用封筒(切手を貼付、本人の住民登録地宛て)
4.本人確認書類のコピー
(運転免許証、個人番号カード(マイナンバーカード)、写真付き住民基本台帳カード、在留カード、特別永住者証明書など官公署発行で顔写真付きの身分証明書の場合は1点、それ以外の健康保険証、年金手帳などの証明書については2点以上のコピーを送付してください。ただし、戸籍の証明書を郵送で請求される場合、パスポートは本人確認書類とはなりませんのでご注意ください。

申請書記入上の注意・住民票には、原則として「続柄」と「本籍および筆頭者氏名」の項目が省略されます。
・外国人住民の場合には、「中長期在留者・特別永住者等の表示」、「在留資格・在留期間・在留期間の満了の日」、「国籍・地域」、「在留カード番号又は特別永住者証明書番号」、「世帯主・世帯主との続柄」等の項目が省略されます。
・平成27年10月5日から、マイナンバー(個人番号)が記載された住民票の写し等を発行できるようになりました。
※これらの項目を必要とする場合は、その旨記入のうえ請求してください。
手数料1通につき 住民票250円、戸籍全部(個人)事項証明書(戸籍謄抄本)450円、除籍全部(個人)事項証明書(除籍謄抄本)750円、身分証明書250円、戸籍の附票250円
申請できる方・住民票:本人または同一世帯の方
・戸籍関係の証明書(身分証明書以外):請求する戸籍に記載されている方、または直系の方でも請求できます。同一戸籍内に記載のない直系の方は、その関係のわかるものを同封してください。
・身分証明書:本人または代理人。本人に頼まれて代理人が請求するときは、委任状が必要です。→ 委任状記載例(添付ファイル)
問合せ市民課 Tel:042-346-9804

添付ファイル

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所1階

市民課窓口担当

電話:042-346-9804

FAX:042-342-1227

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る