トップ > 子ども・教育 > 子どもの健康 > 食事レシピ集 > 7~8か月頃の離乳食

7~8か月頃の離乳食

更新日: 2015年(平成27年)8月21日  作成部署:子ども家庭部 保育課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

目標

  • いろいろな味に慣れさせます。
  • 食品の種類と量を増やします。
  • 単品の味から複合された味へ進めていきます。
  • モグモグすることを覚えさせます。

与え方

  • 離乳食は1日2回です。
  • 新しく始める食品は、最初に1さじから前もって与えているものに加えて与えます。

調理形態

  • つぶし、刻み
  • 舌でつぶせる固さ
  • 7倍がゆ、豆腐と野菜のやわらか煮、やわらか煮込みうどん、白身魚のやわらか煮、鶏団子のやわらか煮、みそ汁など
  • 味付けをします。(薄味)

保育園の献立例

あけぼの7倍がゆ、やわらかつくね煮、ほうれん草のやわらか煮、みそ汁、ミルク

保育園の献立例(7~8か月頃)の写真

【あけぼのがゆ】

材料

 米、にんじん、水

作り方

  1. 米をとぎ、水に浸してすり下ろしたにんじん(米の20パーセント)を入れて炊く。
  2. 水の量は米1に対して水7の割合で炊く。

【ほうれん草のやわらか煮】

材料

 ほうれん草、てんさい糖、しょうゆ、だし汁

作り方

  1. ほうれん草はゆでてみじん切りにする。
  2. 鍋にだし汁、ほうれん草を入れて煮て、てんさい糖、しょうゆを入れて柔らかく煮る。

【やわらかつくね煮】

材料

 鶏ひき肉、たまねぎ、パン粉、片栗粉、てんさい糖、しょうゆ、だし汁

作り方

  1. たまねぎは薄切りにしてゆでてからみじん切りにする。
  2. 鶏ひき肉にたまねぎとパン粉、片栗粉を入れよく混ぜて一口大に丸める。やわらかく仕上げたい時はこれにだし汁を加えるとよい。
  3. 鍋にだし汁を入れて煮立て、1のつくねを入れて煮てからてんさい糖、しょうゆを入れて味をつける。味付けはできるだけ薄味に気をつける。

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所2階

保育課栄養保健指導担当

電話:042-346-9594

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る