トップ > 子ども・教育 > 子どもの健康 > 食事レシピ集 > 離乳食 月齢別レシピ

離乳食 月齢別レシピ

更新日: 2015年(平成27年)8月21日  作成部署:子ども家庭部 保育課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

市立保育園の離乳食の進め方や与え方、レシピを紹介します。離乳食作りの参考にしてみてください。

離乳食とは

母乳やミルクだけで成長してきた赤ちゃんが、色々な食べ物に慣れ、何でも上手に食べられるようにトレーニングをするのが離乳です。赤ちゃんの食べ方が上手になるのにあわせて食品を増やしたり、形態を変えていきます。5~6か月頃から始め、12~18か月頃に完了します。

進め方のポイント

(1)赤ちゃんの食べ方を見ながら、赤ちゃんのペースで少しずつ増やします。食べた後に、母乳やミルクを足します。 (2)食べる量が増えてきたら離乳食も、主食、主菜、副菜を揃えた献立を工夫します。

離乳食の開始について

おもゆ又は10倍つぶしがゆから始め、新しい食品を始める時は1さじずつ与え、身体に異常がないか確認して進めていきます。

だし汁の取り方

昆布とかつお節でだしをとります。鍋に水と昆布を入れ、沸騰したらかつお節を入れて煮出します。ペースト、煮物、汁物等に使うとよいです。味を付けなくてもだし汁で煮るとおいしくできます。

月齢別の与え方やレシピなど


お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所2階

保育課栄養指導担当

電話:042-346-9594

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る