トップ > ごみ・環境 > 環境 > ペット・生き物 > 狂犬病予防注射

狂犬病予防注射

更新日: 2018年(平成30年)2月28日  作成部署:環境部 環境政策課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る
4月から6月の間にお願いします
注射済票(平成30年度は青色です)

狂犬病とは

狂犬病に感染した動物に咬まれ、ウイルスが体内に侵入して発症すると、ほぼ100%死亡すると言われる恐ろしい病気で、現在も治療方法がありません。

今でも世界で毎年約5万人以上が狂犬病で亡くなっており、日本でも狂犬病が侵入した場合に備えて、飼い犬への狂犬病予防注射が義務付けられております。

狂犬病予防注射は、飼い犬を守るためだけでなく、飼い主やその家族を守るために重要なものです。

狂犬病予防注射

飼い犬には、年1回4月から6月の間に、狂犬病予防注射を受けさせることが義務付けられております。

獣医師の注射証明書を受付窓口に持参して、「注射済票」の交付手続きを行ってください。

なお、交付手続きは、動物病院で注射を打った後、その場で交付できる病院もございます。

詳細は、別添の「平成30年度狂犬病予防定期集合注射会場一覧」をご覧ください。

狂犬病予防法第5条

犬の所有者は、その犬について、厚生労働省令の定めるところにより、狂犬病の予防注射を毎年1回受けさせなければならない。

狂犬病予防法施行規則第11条

生後91日以上の犬の所有者は、法第5条第1項の規定により、その犬について、狂犬病の予防注射を4月1日から6月30日までの間に1回受けさせなければならない。


注射済票の装着義務

交付された注射済票は、犬の首輪等に付けておくことが義務付けられています。

狂犬病予防法第5条3項

犬の所有者は、注射済票をその犬に着けておかなければならない。



受付窓口

環境政策課(市役所4階)、東部・西部出張所、動く市役所

窓口に必要なもの
持ち物 注意事項
狂犬病予防注射済票交付票(青い用紙) 
 
訂正がある場合は、赤字で修正してください。
交付票がない方は窓口に用紙がありますので記入をしてください。
狂犬病予防注射済証 動物病院で発行した注射の証明書です。必ずお持ちください。

交付手数料(550円)


病気等で注射が受けられない場合

狂犬病予防注射を接種することにより、犬の健康に悪影響を及ぼすなど獣医師が診断した場合は、「狂犬病予防注射猶予証明書」を市役所4階の窓口(環境政策課)へお持ちください。

添付ファイル

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所4階

環境政策課環境対策担当

電話:042-346-9536

FAX:042-346-9643

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る