トップ > 子ども・教育 > 妊娠がわかったら > 妊婦健康診査 > 妊婦健康診査

妊婦健康診査

更新日: 2018年(平成30年)10月12日  作成部署:健康福祉部 健康推進課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

妊婦健康診査受診票

元気な赤ちゃんを産むためには、お母さんの健康を保つことが大切です。必ず定期的に妊婦健康診査を受けましょう。

母子健康手帳と一緒にお渡しする「母と子の保健バッグ」には、 
「妊婦健康診査受診票」(14回分)
「妊婦超音波検査受診票」(1回分)
「妊婦子宮頸がん検診受診票」(1回分)
が入っています。(市区町村によって交付枚数が異なる場合があります)

この受診票は妊婦健康診査の一部を公費で受診できるものです。受診する医療機関に提出してください。妊婦健診は原則自由診療(保険適用外)ですが、受診票に記載されている検査項目については、助成が受けられます。

医療機関によって費用が異なり、また妊婦さんの状況により、受診票に記載されていない検査費用や、公費負担上限額との差額などをお支払いいただきますので、妊婦健診全体でかかる費用を主治医に相談してから、かかるようにしましょう。

(注)妊娠初期では、妊婦健康診査受診票を使えないことがあります。詳しくは受診する医療機関にお問い合わせください。

(注)受診票は都内のほとんどの医療機関で使用できます。都外の医療機関や助産院で受診した場合は下記をご覧ください。

都外医療機関、助産所での妊婦健康診査の費用助成

公費負担額

平成30年度の東京都内の妊婦健康診査の公費負担額は、次の表のとおりとなります。

公費負担額
1回目10,850円
2~14回目5,070円
超音波検査5,300円
子宮頸がん検診3,400円
 
妊婦さん一人ひとりの状況、また医療機関によって、検査の流れなど健診の方法が異なります。かかるときは主治医に受診票の種類と枚数を告げ、どの時期にどの受診票を使うのがよいか相談しましょう。(特に転院した場合は気をつけましょう。)

転居した場合

  • 都内で転居した場合は、受診票をそのまま使用できます。
  • 小平市から他の道府県に転居した場合は、この受診票を使用することはできません。転入先の市区町村にお問合せください。
  • 他の道府県から小平市に転居した場合は、母子健康手帳とお持ちの受診票を小平市健康センターまでお持ちください。差替えをして新たに受診票をお渡しします。(詳しくはお問い合わせください。)

よくある質問

Q1

受診票を使うことで、健診費用が無料になるのですか

A1

いいえ。
医療機関や妊婦さんの状況によって、自己負担が生じます。公費負担は検査項目が決まっていて、上限額があります。その差額などをお支払いいただくようになります。また、医療行為が必要と判断された場合は保険診療となり、保険の自己負担分をお支払いいただきます。

Q2

受診票を使いきれず、余ってしまいました。現金に換えることはできますか

A1

いいえ。
余った分を現金に換えることはできません。

Q3

都内の医療機関で受診票を使わず受診しました。後で助成されますか

A3

いいえ。

Q4

未使用の受診票を紛失してしまいました。再発行してもらえますか

A4

いいえ。
原則再発行はしません。大切にお取り扱いください。 

都内で妊婦健診を行う医療機関では、原則受診票を使用できるようになっています。受診票を忘れたなど、使用されなかった場合は、ご自身のご事情によるものとし、公費助成の対象となりません。受診した医療機関にお問合せください。

お問合せ先

〒187-0043 
小平市学園東町1-19-12 健康センター1階

健康推進課庶務担当

電話:042-346-9641

FAX:042-346-3705

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る