トップ > くらし・手続き・税 > 住民税(個人・法人) > 届出・申告・手続き・証明 > 平成28年度市税条例の改正

平成28年度市税条例の改正

更新日: 2017年(平成29年)1月31日  作成部署:市民部 税務課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

 地方税法などの改正に伴い、小平市税条例の一部を改正しました。主な内容は、次のとおりです。

個人住民税(市・都民税)

医療費控除の特例の創設

 医療費控除の特例が創設され、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるようになりました。

>>医療費控除の特例の創設(平成30年度住民税課税分から)

固定資産税(償却資産)

事業用の再生可能エネルギー発電設備に係る課税標準の特例措置の拡充

 自家消費型太陽光発電設備などに係る課税標準の特例割合を定め、その適用期限を2年延長しました。

軽自動車税

三輪以上の軽自動車に係るグリーン化特例(軽課)の延長

 三輪以上の軽自動車税に係るグリーン化特例(軽課)の適用期限が1年延長されました。

>>三輪以上の軽自動車に係るグリーン化特例(軽課)の延長

軽自動車税の納期開始日の変更

 軽自動車税の納期開始日を、5月11日から5月1日に変更しました。


お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所2階

税務課庶務担当

電話:042-346-9521

FAX:042-342-3313

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る