トップ > 市政情報 > 財政・行財政改革 > 行財政改革 > 第3次行財政再構築プランの進捗状況

第3次行財政再構築プランの進捗状況

更新日: 2018年(平成30年)1月20日  作成部署:企画政策部 行政経営課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

市では、限られた財源や人的資源の中で、市民本位の質の高い行政サービスを効果的に提供していくため、「小平市第3次行財政再構築プラン」に基づいた取組を進めています。


第3次行財政再構築プランの平成29年9月末の進捗状況がまとまりました


着実に取り組みを進めるため、市では、半年ごとにプランの進み具合を調査し、有識者委員3人・市民委員3人からなる行財政再構築推進委員会に報告し意見などをいただくこととしています。


※第3次行財政再構築プラン、行財政再構築推進委員会については、下記の関連リンクをご参照ください。


平成29年9月末の進捗状況は、次のとおりです。


第3次行財政再構築プランの進捗状況(平成29年9月末)

43項目の改革推進プログラムのうち、「予定どおりに進捗している」取組は39項目、「予定よりも遅れている」取組は4項目となっています。

以上の結果をプランの方針別に集計すると、下記の表のとおりとなります。

各プログラムの進捗状況(平成28年度末)
分野 予定以上に進捗
(S)
予定どおりに進捗
(A)
予定よりも遅れている
(B)
1 地域協働の推進
 (7項目)
0 7 0
2 情報の共有と双方向のコミュニケーション
 (3項目)
0 3

0
3 PDCAサイクルの構築
 (6項目)
0 6

0
4 財政基盤の強化
 (14項目)
0 10 4

5 執行体制の再構築
 (13項目)
0 13 0
0 39 4

行財政再構築推進委員会における主な意見・助言(第2回委員会)


行財政再構築推進委員会における主な意見や助言(第2回委員会)は、以下のとおりです。


[1]地域協働の推進に関するもの


・ボランティアは高齢化により、実働数は減少傾向にあるのではないか。ボランティアの登録数だけではなく実働数を把握する必要がある。


・観光まちづくりの推進の評価は、成果指標のアクションプランの実施数を上回るため評価はS(予定以上に進捗)でいいのではないか。


・庁内に地域の人材を共有できる人材バンクのような仕組みがあると市民協働はやりやすくなる。


[2]情報の共有と双方向のコミュニケーションに関するもの


・市ホームページに関連して、自主財源の確保という観点で、広告収入を増やす方策を積極的に実施するべきではないか。


[3]PDCAサイクルの構築に関するもの


・補助金の効果の検証のチェック体制がどう変わったのか、変わった結果の効果を調査票に記載してほしい。


[4]財政基盤の強化に関するもの


・受益者負担の適正化の評価は、会議のみで結論が出ていなければB(予定よりも遅れている)の評価が適当ではないか。


・地方公会計制度の推進は、統一的な基準による財務資料の導入を機会に、先進自治体のように資料や紙をなくす努力をしてほしい。


・徴収率や収納率の向上も限界が近いのではないか。財政健全化のために、これ以上の歳入の確保が難しいのであれば、歳出削減を徹底するしかないのではないか。


[5]執行体制の再構築に関するもの


・PPP/PFIの推進において、地元の事業者が優先的に引受けられるような仕組みがとれれば、市内の産業振興につながる。


・施設のあり方の検討や民間委託などの推進で検討した結果、財政面などにどう影響があるのか調査票に記載してほしい。


[6]全般に関するもの


・進捗管理は、グラフ化やパーセントの記載をしてわかりやすくしてほしい。


・取組の進捗が遅いプログラムは、力を入れて取り組んでほしい。

 

・進捗状況調査票は、状況把握につながるよう金額の掲載などの具体化とプログラム全体のバランスをみて、評価の厳格化をお願いしたい。



※第3次行財政再構築プランの平成29年9月末の進捗状況や委員意見の詳細については、下記の添付ファイルをご参照ください。


なお、第3次行財政再構築プランは、市政資料コーナー(市役所1階)、図書館、公民館及び市ホームページでもご覧になれます。

添付ファイル

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所2階

行政経営課行財政改革担当

電話:042-346-9756

FAX:042-346-9513

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る