トップ > 文化・スポーツ・市民活動 > 文化・スポーツ・体験学習 > 芸術 > 平櫛田中について

平櫛田中について

更新日: 2018年(平成30年)7月3日  作成部署:地域振興部 文化スポーツ課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

 彫刻家 平櫛田中(ひらくし でんちゅう)

平櫛田中とは

 平櫛田中は、1872年(明治5)、現在の岡山県井原市に生まれ、青年期に大阪の人形師・中谷省古(なかたに せいこ)のもとで彫刻修業をしたのち、上京して高村光雲(たかむら こううん)の門下生となりました。その後、美術界の指導者・岡倉天心(おかくら てんしん)や臨済宗の高僧・西山禾山(にしやま かざん)の影響を受け、仏教説話や中国の故事などを題材にした精神性の強い作品を制作します。

 大正期には、モデルを使用した塑造の研究に励み、その成果を代表作《転生》《烏有先生》などにおいて示しますが、昭和初期以降は、彩色の使用を試み、「伝統」と「近代」の間に表現の可能性を求めました。1958年(昭和33)に22年の歳月をかけて完成した国立劇場の《鏡獅子》に田中芸術の集大成を見ることができます。1962年(昭和37)には、彫刻界でのこうした功績が認められ、文化勲章を受章しました。

 1970年(昭和45)、長年住み暮した東京都台東区から小平市に転居し、1979年(昭和54)に107歳で亡くなるまでの約10年間を過ごしました。

 

 

 

 

お問合せ先

小平市平櫛田中彫刻美術館
〒187-0045
東京都小平市学園西町1-7-5
電話・FAX 042-341-0098

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る