トップ > ごみ・環境 > 環境 > 公害 > 特定建設作業の届出について(騒音・振動)

特定建設作業の届出について(騒音・振動)

更新日: 2018年(平成30年)2月17日  作成部署:環境部 環境政策課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

 小平市内で行う建築物の解体等において、騒音規制法・振動規制法の特定建設作業に該当する場合、「特定建設作業実施届出書」の届出が必要になります。


1 届出窓口

 小平市環境政策課(小平市小川町2丁目1333番地 小平市役所4階)


2 届出に必要な書類

 (1)特定建設作業実施届出書(注意書き含む)

 (2)特定建設作業の日程表

 (3)工事場所の案内図

 (4)使用重機のカタログ

  ※正副2部提出すること

  ※騒音規制法、振動規制法ともに該当する場合はそれぞれ作成すること


3 届出期限

 工事開始の7日前まで


4 対象となる作業

 下表のとおり

特定建設作業(騒音規制法)
作業の種類 届出対象作業
くい打設作業 くい打機(もんけんを除く。)、くい抜機又はくい打くい抜機(圧入式を除く。)を使用する作業(くい打機をアースオーガーと併用する作業を除く。)
びょう打等作業 びょう打機を使用する作業
破砕作業 さく岩機を使用する作業(作業地点が連続的に移動する地点にあっては、1日における当該作業に係わる2点間の最大距離が50mを超えない作業に限る。)
掘削作業 バックホウ(原動機の定格出力80kw以上)、トラクターショベル(原動機の定格出力70kw以上)、ブルドーザー(原動機の定格出力40kw以上)を使用する作業(低騒音型建設機械の指定を受けたものを除く。)
空気圧縮機を使用する作業 空気圧縮機(電動機以外の原動機を用いるもので原動機の定格出力が15kw以上)を使用する作業(さく岩機として使用する場合を除く。)
コンクリートプラント等及びコンクリート搬入作業 コンクリートプラント(混練機の混練容量が0.45立方メートル以上のもの)又はアスファルトプラント(混練機の混練重量が200kg以上のもの)を設けて行う作業(モルタルを製造するためにコンクリートプラントを設けて行う作業を除く。)
特定建設作業(振動規制法)
作業の種類 届出対象作業
くい打設作業 くい打機(もんけん及び圧入式を除く。)、くい抜機(油圧式を除く。)又はくい打くい抜機(圧入式を除く。)を使用する作業
破砕作業 ブレーカー(手持ち式を除く。)を使用する作業
建設物の解体・破壊作業 鋼球を使用して建築物その他の工作物を破壊する作業
建設物の解体・破壊作業 舗装版破砕機を使用する作業(作業地点が連続的に移動する地点にあっては、1日における当該作業に係わる2点間の最大距離が50mを超えない作業に限る。)

5 規制基準値

 (1)騒音規制法の特定建設作業:85デシベル

 (2)振動規制法の特定建設作業:75デシベル


6 ご注意

 建設リサイクル法の届出は東京都多摩建築指導事務所が所管となりますのでご注意ください。

 東京都多摩建築指導事務所建築指導第二課

 住所:東京都小平市花小金井1-6-20(東京都小平合同庁舎内)

 電話:042-464-2154 

添付ファイル

お問合せ先

〒187-8701 小平市小川町2-1333 市役所4階
環境政策課 環境対策担当
電話 042-346-9536

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る