小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の くらしのガイド の中の 健康・福祉 の中の 介護 の中の 介護保険制度 の中の 介護保険制度と利用できるサービス

更新日:2015年10月16日

作成部署:健康福祉部 高齢者支援課

介護保険制度

 介護保険は、40歳以上のみなさんが加入者(被保険者)となって保険料を納め、介護が必要になったときには、介護サービスを利用できる支え合いの制度です。小平市が保険者として制度の運営をしています。

 保険に加入するのは、市に住所のある方のうち、65歳以上の方(第1号被保険者)と40歳以上65歳未満の各種医療保険に加入されている方(第2号被保険者)です。市内にお住まいの外国人も対象になります。

要介護状態に合わせた介護サービス、介護予防サービスが利用できます

 サービスを利用できるのは、65歳以上の方(第1号被保険者)で介護が必要と認定された方(どんな病気やけがが原因で介護が必要になったのかは問われません)、また40歳から64歳までの方(第2号被保険者)で、加齢が原因とされる病気(特定疾病)によって、介護が必要であると認定された方(特定疾病以外の原因で介護が必要になった場合は、介護保険の対象にはなりません)です。

 介護サービスを利用するためには、市に申請して「介護や支援が必要な状態である」と認定される必要があります。窓口に申請すると、訪問調査や介護認定審査会を経て、介護が必要な状態かどうか、またどのくらいの介護が必要であるかが決められます。


要支援1・2の認定を受けた方

介護保険の介護予防サービス(予防給付)を利用できます。

お住まいの圏域にある地域包括支援センターに連絡してください。

要介護1~5の認定を受けた方

介護保険の介護サービス(介護給付)を利用できます。

居宅介護支援事業者に連絡してください。

非該当の認定を受けた方

介護保険のサービスは利用できませんが、市が行う介護予防事業(地域支援事業)や自立援助サービスを利用できます。


要介護認定の詳細についてはこちら

利用できるサービスの種類についてはこちら

介護サービス利用時の利用者負担割合について

 65歳以上で一定以上の所得がある方は介護サービスを利用するときの利用者負担が2割になります。

 利用者負担割合は、要介護・要支援認定を受けている方に市から交付される介護保険負担割合証に記載されています。

利用者負担割合
判定基準
負担割合
本人の合計所得金額が160万円未満
1割負担
本人の合計所得金額が160万円以上 同一世帯の第1号被保険者(65歳以上の方)の年金収入+その他合計所得金額が
65歳以上の方が1人:280万円未満
65歳以上の方が2人以上:346万円未満
1割負担
本人の合計所得金額が160万円以上 上記以外の場合 2割負担

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-8701 小平市小川町2-1333 健康福祉事務センター1階
高齢者支援課庶務保険担当
電話:042-346-9510
Fax:042-346-9498

このページの先頭へ