小平市

本文へ

文字サイズ

画面の色

Loading
トップページ の中の くらしのガイド の中の 出産・子育て の中の 手当、医療費助成 の中の 中学生以下のお子さまがいる家庭 の中の 義務教育就学児医療費助成制度(マル子)

更新日:2016年6月2日

作成部署:子ども家庭部 子育て支援課

小・中学生の対象児童が、医療機関で受診したときの医療費の一部を助成します。この制度を受けるには、申請をして「医療証」の交付を受けることが必要です。所得制限があります。

※申請、各種変更手続きはページ下のリンクを参照してください。

対象となる方

小平市に住所のある小・中学生の児童を養育している方。

※所得制限があります。

※単身赴任等で保護者の住所が小平市以外の場合でも対象となります。

対象とならない児童

  • 保護者の所得が制限額を超えている(所得制限額表参照)
  • 健康保険に加入していない
  • ひとり親家庭医療費助成(マル親)を受けている
  • 心身障害者医療費助成(マル障)を受けている
  • 児童福祉施設等に入所していて医療費の自己負担がない
  • 生活保護を受けている
  • 里親などに委託されている

所得制限

義務教育就学児医療費助成制度 所得制限額表
扶養親族などの数 所得制限額 収入額の目安
0人 622.0万円 833.3万円
1人 660.0万円 875.6万円
2人 698.0万円 917.8万円
3人 736.0万円 960.0万円
4人 774.0万円 1,002.1万円
5人以上 1人につき38万円加算
  1. 「収入額の目安」は給与収入のみでの目安です。
  2. 所得とは、給与所得者は給与所得控除後の金額から8万円を引いた額、確定申告の方は収入額から必要経費と8万円を引いた額です。
  3. 次の控除を受けている場合は、所得から控除できます。                               雑損・医療費・小規模企業共済等掛金・・・相当額                              寡婦(寡夫)・障害者・勤労学生・・・・・・・・・27万円                                    特別障害者・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・40万円                                              特別寡婦・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・35万円
  4. 老人扶養がある場合は、1人につき6万円を所得制限額に加算します。

助成内容

対象児童が医療機関で受診したときの、保険診療による自己負担分を助成します。

ただし、一部本人負担が必要です。

助成の対象となるもの

  • 健康保険が適用されるもの。
  • 補装具や治療用眼鏡などで、健康保険が適用されるもの。
  • 小児慢性疾患医療費助成、自立支援医療、難病医療費助成などの医療費助成を受けていて、自己負担が生じた分(自己負担の内容によっては、助成できない場合があります。)

助成の対象とならないもの

  • 健康診断、予防接種、選定療養費(一定基準の病院で紹介状なく受診した場合に必要)、文書料など、健康保険が適用されないもの。
  • 入院時の食事療養標準負担額。

本人負担額

入院
本人負担額
0円
通院
診療区分 本人負担額
調剤・訪問看護 0円
上記以外 1回の受診につき、200円(上限)

ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか。

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。下段のフォームメールをご利用ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

お問合せ先

〒187-8701 小平市小川町2-1333 市役所2階
子育て支援課手当助成担当
電話:042-346-9544
Fax:042-346-9200

このページの先頭へ