トップ > 市政情報 > 市の紹介 > 歴史・文化 > 市史編さんこぼれ話No.18 「近世の百姓に苗字はあったのか」

市史編さんこぼれ話No.18 「近世の百姓に苗字はあったのか」

更新日: 2011年(平成23年)10月17日  作成部署:教育委員会教育部 図書館

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

  近世・江戸時代では、苗字は武士の特権とされ、原則として、百姓(庶民)が公的な場や武士の面前で苗字を用いることは禁じられていた。けれども、このことは、当時の百姓が苗字を持っていなかったことを意味するわけではないようである。そこで、今回は、近世の百姓が苗字を名乗っていた実例を、小平市域に残された資料から、いくつか紹介してみたい。


小川寺(しょうせんじ)の梵鐘(ぼんしょう)

  当時の百姓が苗字を名乗っていたことを示す、市内最古の資料が小川寺の梵鐘である。この梵鐘は、貞享(じょうきょう)3年(1686年)に鋳造され、小川寺の檀家である小川村の百姓らが寄進したもので、今も同寺の境内で見ることができる。表面には寄進者名が、いくつかのまとまりに分けて刻まれているが、それらにはいずれも苗字が付されている。例えば、「小川次郎兵衛尉量次、武松惣兵衛、浅見仁左衛門」などとなり、当時の小川村の百姓がどのような苗字を持っていたかを知ることができる。数が多いため、全ての苗字を示すことはできないが、最も標準的な層と思われる百姓が用いていた苗字を抜き出すと、次のとおりである。

小川・武松・浅見・増田・藤野・平沢・川久保・中里・宮寺・若林・宮崎・野村・久下・吉沢・富田・  立川・比留間・清水・加藤・向坂・田中・内山・高木・関口・青木・師岡・原嶋・金子・竹内・尾崎

「烏帽子名覚(えぼしなおぼえ)」という文書

  小川村の開発を主導し、同村の名主を勤めた小川家に伝来した古文書である小川家文書(小平市中央図書館蔵)にも、百姓の苗字が記されたものがある。それは、元文(げんぶん)6年(1741年)に作成された「烏帽子名覚」という文書で、これまでにも何度か紹介されてきた。烏帽子とは、元服した男子の用いた袋状の冠りもの。当時、成人のための儀式として、元服する男子に烏帽子をかぶらせ烏帽子名(元服名、成人名)を付ける、ということが行われた。

  「烏帽子名覚」は、この儀式に際し作成された文書で、当年に成人となった者の幼名と烏帽子名が記されている。何人かの例を挙げると、八三郎は山口幸八、半蔵は小山幸助、午之助は小川善蔵、亀之助は林惣七と改名している。ここに示されるように、改名後の名前には全て苗字が付されており、彼らに苗字があったことがわかる。なお、「烏帽子名覚」では、このほかにも、吉沢・馬場・立川・平沢・若林・金子・宮寺・川窪・清水・酒井、といった苗字が確認できる。


苗字の公称が許可された例

  以上は、いずれも村の仲間どうしの、いわば私的な場面で百姓の苗字が用いられていた例であるが、幕府や大名に対して特別な役目を果たすことにより、苗字の公称を許可されることもあった。そうした役目の一つに、鷹場案内役がある。小平市域の村々は、尾張徳川家の鷹場に含まれていた。鷹場案内役とは、鷹狩りに来た者の案内、鷹場内の見まわりと管理を担当する役職で、市域の村では前述の小川家と、大沼田新田の開発を主導し名主となった當麻(たいま)家が、この役職に就いていたことがわかっている。

鷹場案内役として執務する際は苗字を公称することができたので、両家の苗字はしばしば文書上に記載された。例えば、両家のもとには鷹場村々から様々な願書が提出されているが、これらの宛名は、「御鷹場御預 小川弥治郎殿」「尾州様御鷹場御案内 當麻弥左衛門殿」などとなっており、両家の苗字が明記されていることが確認できる。このように、村に住む百姓のごく一部には、武士に準じた処遇を受け、苗字の公称を許可された者もいた。

 

                                   ※

  近世の百姓は、誰しもが苗字を持っていた。しかし、一部の者を除き、苗字を公称することは禁じられており、彼らが苗字を用いるのは、武士の関わらない村の仲間どうしの、どちらかといえば私的な場面に限られていた。そのため、彼らの苗字が記録に残されることは少なく、私たちの目にとまりにくくなっているのである。


【主要参考文献】

洞富雄 「江戸時代の一般庶民は苗字を持たなかったか」(『日本歴史』第50号、1952年)

豊田武 『苗字の歴史』(中公新書、1971年)

森安彦 『古文書が語る近世村人の一生』(平凡社、1994年)

坂田聡 『苗字と名前の歴史』(歴史文化ライブラリー、吉川弘文館、2006年)

小平市中央図書館編 『小平の歴史を拓く(下)-史料集解題編-』

                        (小平市中央図書館、2009年)





 


お問合せ先

〒187-0032 
小平市小川町2-1325

中央図書館

電話:042-345-1246

FAX:042-345-1483

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る