トップ > ごみ・環境 > 資源とごみの出し方 > 資源とごみの出し方 > 古布類(古着・古布、ぬいぐるみ、かばん、帽子など)の出し方

古布類(古着・古布、ぬいぐるみ、かばん、帽子など)の出し方

更新日: 2020年(令和2年)9月9日  作成部署:環境部 資源循環課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

収集日

古布類の日

雨の日に出さないでください。雨の日に出された古布類は、燃やすごみとして処理されます。

出し方

  • 透明か半透明の袋にまとめて入れて出してください(古着・古布とぬいぐるみなどを分けて出す必要はありません)。
  • 古着・古布、ぬいぐるみ(30センチメートル未満のもの)、かばん(マイバッグ(エコバッグ)、ハードケース、ランドセル、キャスター付は対象外)、帽子(麦わら帽子、ニット帽は対象外)、ネクタイ、ベルトが対象になります。
  • タオル、ハンカチ。シーツ、カーテンも資源です。
  • 国内外でリユース(再使用)されますので、ボタンやファスナーなどは付けたまま、なるべくきれいな状態で出してください(多少のシミや小さな穴は可)。
  • 革製、合皮製の古布類も資源です。
  • 汚れのひどいもの、やぶれているもの、こわれているものは燃やすごみです。
  • 布おむつ、おむつカバー、毛糸玉は燃やすごみです。
 

お問合せ先

〒187-0031 
小平市小川東町5-19-10 小平市リサイクルセンター1階

資源循環課

電話:042-346-9535

FAX:042-346-9555

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る