トップ > ごみ・環境 > 資源とごみの出し方 > 資源とごみの出し方 > スプレー缶・ガスカートリッジ缶の出し方

スプレー缶・ガスカートリッジ缶の出し方

更新日: 2019年(平成31年)4月12日  作成部署:環境部 資源循環課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

スプレー缶・ガスカートリッジ缶の出し方

中身を使い切って、スプレー缶・ガスカートリッジ缶だけを、透明か半透明の袋に入れて出してください。収集車両や処理工場での事故につながりますので、他のごみや資源と一緒の袋で出さないでください。

出し方

  • 中身を使い切って、透明か半透明の袋にスプレー缶・ガスカートリッジ缶だけを入れて出してください。
  • プラスチック製のキャップは取り外して、プラスチック製容器包装に出してください。
  • スプレー缶・ガスカートリッジ缶の穴開けは不要です。

中身を使い切れない場合

スプレー缶には、残ったガスを安全に抜くための「中身排出機構(残ガス排出機構)」が装着されているものがあります。詳しくは、メーカーに問い合わせるか、一般社団法人日本エアゾール協会のホームページを確認してください。

使い切れない、中身が抜けないなど、カセットガスボンベに関する問合せは、商品に表示されているメーカー・販売元、または、一般社団法人日本ガス石油機器工業会(電話0120-14-9996)までお問い合わせください。 

一般社団法人日本エアゾール協会のホームページ(外部リンク) 

なお、どうしても中身を使い切れない場合は、資源循環課窓口(小平市リサイクルセンター)までお持ちください。 

お問合せ先

〒187-0031 
小平市小川東町5-19-10

資源循環課管理担当

電話:042-346-9535

FAX:042-346-9555

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る