トップ > くらし・手続き・税 > 防犯 > 空き家 > 相続した空き家の譲渡所得の3000万円特別控除について

相続した空き家の譲渡所得の3000万円特別控除について

更新日: 2021年(令和3年)4月2日  作成部署:総務部 地域安全課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

市内にある相続により発生した空き家について、本制度の適用を受けるために必要な書類の一つである「被相続人居住用家屋等確認書」を交付しています。

 制度の概要 

 相続日から起算して3年を経過する日の属する年の12月31日までに、被相続人の居住の用に供していた家屋を相続した相続人が当該家屋(耐震性のない場合は耐震リフォームをしたものに限り、その敷地を含む。)又は取壊し後の土地を譲渡した場合には、当該家屋又は土地の譲渡所得から3,000万円を特別控除する特例措置が創設されました。

 特例を受けるためには、家屋所在地の市町村にて「被相続人居住用家屋等確認書」の交付を受けたうえで、税務署にて確定申告をする必要があります。

制度の適用要件

  • 相続日から起算して3年を経過する日の属する年の12月31日までに譲渡すること。
  • 特例の適用期限である2016年4月1日から2023年12月31日までに譲渡すること。
  • 被相続人が相続直前まで当該家屋に居住していたこと。
  • 相続の直前において、被相続人以外の居住者がいなかったこと。
  • 相続の時から譲渡の時まで、事業の用、貸付けの用、又は居住の用に供されていないこと。
  • 昭和56年5月31日以前に建築された家屋(区分所有建築物を除く。)であること。
  • 譲渡価額が1億円以下であること。
  • 家屋付きで譲渡する場合、当該譲渡時において、当該家屋が現行の耐震基準に適合するものであること。

(注)一定の条件を満たせば、被相続人が老人ホーム等に入所していた場合も制度の対象となる場合があります(2019年4月1日以降の譲渡のみ)。

(注)譲渡日以降に家屋を取壊しした場合、家屋付きでの譲渡とみなされます。

(注)適用要件の詳細については、国土交通省ホームページをご覧ください。

「被相続人居住用家屋等確認書」の交付について

 交付には、申請書と必要書類をご提出いただく必要があります。

 郵送で申請する場合は、宛先は総務部地域安全課(〒187-8701小平市小川町二丁目1333番地)になります。

 窓口で申請する場合は、職員が不在の場合があるため、事前にご連絡ください。(042-346-9614)

 交付まで2週間程度かかりますので、税務署への提出期限を考慮し、できるだけ早めにご申請ください。

 申請書の記載漏れや添付書類の不備等があった場合には、書類の修正や追加提出が必要になります。

家屋と敷地を譲渡する場合

   被相続人居住用家屋等確認申請書(別記様式1-1)(Word 56KB) 

 記入例(別記様式1-1)(PDF 343.4KB)

 必要書類一覧表(別記様式1-1)(PDF 229.1KB)

 委任状(Word 18.6KB)

家屋取壊し後、敷地のみを譲渡する場合

 被相続人居住用家屋等確認申請書(別記様式1-2)(Word 60.5KB)

 記入例(別記様式1-2)(PDF 366.7KB)

 必要書類一覧表(別記様式1-2)(PDF 239.2KB)

 委任状(Word 18.6KB)

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所3階

地域安全課地域安全担当

電話:042-346-9614

FAX:042-346-9513

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る