トップ > 市政情報 > 財政・行財政改革 > 公共施設マネジメント > 更新等の適否の判断(中央公民館、健康福祉事務センター等)

更新等の適否の判断(中央公民館、健康福祉事務センター等)

更新日: 2018年(平成30年)3月19日  作成部署:企画政策部 公共施設マネジメント課

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

 平成27年2月に「小平市公共施設白書」を発行し、同年12月に「小平市公共施設マネジメント基本方針」を策定しました。白書で示した将来的な大きな3つの課題(「人口減少・少子高齢化」、「財政バランスの悪化」、「施設の老朽化・更新時期の集中」)に対応するため、基本方針では市制施行100周年を迎える平成74年度を見据え、「いつまでもわくわくする場をみんなで創ろう」という基本理念と4つの方針(「魅力あるサービスの実現」、「持続可能な施設総量」、「コストの縮減と平準化」、「長く活用できる施設」)を定めました。

 また、基本方針に沿った取組の推進に向けた方策を示した「小平市公共施設マネジメント推進計画」(平成29年3月策定)では、すでに目標耐用年数を迎えた施設、または計画期間中に目標耐用年数を迎える施設の更新等に向けた「基本的な検討手順」を示しています。

 この「基本的な検討手順」に沿い、中央公民館、健康福祉事務センター及び民具庫に関する更新等の適否の判断をしました。詳しくは添付資料をご覧ください。

 なお、「更新等を行う」とした中央公民館及び健康福祉事務センターについては、基本計画の策定方針も策定しています。詳しくは、リンク先をご覧ください。


添付ファイル

お問合せ先

〒187-8701 
小平市小川町2-1333 市役所2階

公共施設マネジメント課施設マネジメント担当

電話:042-346-9557

FAX:042-346-9513

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

  • 住所・氏名・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 回答が必要なご意見等は、こちらではお受けできません。お問合せ先からご連絡ください。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のための参考とさせていただきます

検索したい文言を入力してください

ページトップに戻る